久米島

2009年8月 3日 (月)

松之屋

評価 7

入店日時 平成21年8月1日(土)午後19時頃 過去入店回数 なし

久米島に行った。真夏のギラつく太陽の中、折りたたみ自転車を携えてフェリーで行った。予想に反して行きのフェリーは満員だった。早めに乗り込んだのに、船室の座席に座ることは出来なかった。デッキの硬いベンチに4時間は辛いが仕方ない。聞けば島で夏祭りがあるらしい。確かに周りを見渡すと観光客より島の人が多い気がする。デッキのベンチも確保できない人が多く、所在無く地べたに寝転んでいる人も多い。まるで難民船だ。大きな船なのに、小さな船室。1、2時間の航海じゃないのだから、何とかならないのであろうか。船での長旅に本は欠かせない。まことに遅ればせながら最近読み始めた「竜馬がいく」を何冊か持ち込み、これまた大量に買い込んだビールを飲みながら時間を過ごす。途中、渡名喜島に寄航する。以前やはり自転車を持ち込み訪れたことがあるが、最近この地を舞台にした映画の影響だろうか、降りる人がずいぶん多くなった気がした。この島に訪れたのを契機に、「日本の島を旅する」というブログを始めたのだが、2島更新しただけで止まってしまっている。 お尻が痛くて居た堪れなくなった頃、ようやく久米島に着いた。早速自転車を漕ぎ出しホテルに向かう。以前来た時はイーフビーチ近くのホテルに泊まったが、あまりにもおサムい施設とサービスだったので、比較的新しく静かそうな空港近くのホテルを選んだ。港近くの小さな商店街を抜けるとすぐにさとうきび畑が広がった。青い空と白い雲の対比が美しい。さすがに吹き抜ける風も熱風となり、日差しも肌を突き抜けるようだ。ドーム球場を過ぎ、さとうきび畑の向こうに白い建物が見えたときはホッとした。ホテルは予想通り、離島のホテルとしてはまあいい方だと思う。なんにしてもシンプルだ。 それにしてもどうして日本の2流ホテルにはゲームコーナーが空しく存在するのだろうか。それゆえに2流、いや3流なのだが、ゲームコーナーで遊ぶ方も問題であろう。そもそも旅行に来てまでゲームをするのだったら家でTVゲームでもしていたらよい。あの空しい機械音を聞いただけで、旅気分が吹っ飛ぶのは我輩だけであろうか。これを見ているホテル関係殿、どうか日本のホテルからゲームコーナーを撤去しましょう。でないと、その成長目覚しい旅館業界にいい乗客を獲られてしまいますよ。 まあいい。 このホテルにはゲームコーナーはないのだが、プールが何にしても狭い。ああ日本にはいいホテルは根付かないのだろうか。もっとも客側もホテルの使い方を単なる宿泊所としか捉えてないのだからいいホテルが育たないのであろう。 仕方あるまい。泳ぐには適さないが、プールサイドのベッドからホテルの前に広がるシンリ浜を眺めているだけで、離島の空気は十分に感じられる。 空も海も蒼い。日が傾いたのを機に、街にまた自転車で繰り出した。ホテルのフロントで、「近くでいい居酒屋」ということで聞いたここ松之屋。入り口は若干入るのを躊躇する佇まいなのだが、他にあてもないので仕方なく入る。威勢のよい「いらっしゃいっ!」の声はない。祭りの夜だからであろうか、客は結構入っているが、普段はほぼ常連客で占められるであろうこの店にとって、我々は闖入者以外の何者でもないのだろう。空いている席は「予約席」になっていたが、22時からの予約だという。祭りの2次会としてなだれ込んで来るのだろう。我々も21時半の花火を見に行くつもりなので、ちょうどいい。座ってビールと梅酒を注文する。梅酒、と注文したのに心配になってカウンターを除くとまさに「梅チュウ酎」を作るところだったので、慌てて梅酒と念を押したところ、案の定「そんなのないよ」とあしらわれる。しかし、おばんの持っているペットボトルに「梅」と手書きで書いているではないか。「じゃあそれは何?」と聞くと、「これは自家製の梅酒だよっ」と言う。 「ああ、それでいんだよ、それに氷を入れてくれたらいいんだ。」とお願いする。 ふーっ、梅酒は酎ハイを作るためのものと思っているのであろうか。 メニューは定食や食事系が多いが、島料理ももちろんある。刺身盛り合わせ、てびち煮付け、ソーミンチャンプルー、もずく餃子、地鶏のたたきを注文する。壁には楽天選手のサインや写真が貼られている。キャンプ中はこの店にも野球選手が大挙押し寄せるのであろう。この日も忙しいらしく、おばんは汗びっしょりで動き回っている。店には古い歌謡曲が場末の酒場のようにかかっている。 店に愛想はない。が、不快ではない。後から観光客らしき客が入ってくるけど、みんな店の雰囲気に少し圧倒されている。やはり地元の人のための店なのだろう。まあそれが観光客には魅力なのだけれど。しかし料理は以外にも全て美味しかった。地物の刺身は新鮮だし、それ以外の料理もじゅうぶんに満足に行くものだった。珠美の月が空になるころ9時を回っていたので店の外に出た。祭り会場でもそろそろ花火が上がるようだ。島の海に花火が上がる。思いもかけず、すぐ頭上で花火が上がる。弾ける。何か得した気分で真っ暗な道をホテルに戻った。

松之屋                                                 久米島町大田567                                         098-985-3954

月間限定24本のみ製造の泡盛琉球泡盛: 久米島 古酒「門外不出」 43度 500ml 【10P03Aug09】 月間限定24本のみ製造の泡盛琉球泡盛: 久米島 古酒「門外不出」 43度 500ml 【10P03Aug09】

販売元:地酒横丁
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

お食事処 てっちゃん

評価 6

入店日時 平成18年7月2日(日) 午後12:30頃  過去入店回数 なし

久米島から沖縄本島に向かうフェリーが午後2時出港なので、まだしばらく時間があった。朝はホテルのビュッフェだったので、あまりお腹は減ってなかったが、船の長旅に向かうわけで、イーフビーチ周辺を車で走りながら、良さそうな店を探す。店にメニューのボードが外に立てられているのを見ると、「久米島そば」とキッチリ書かれていたので、この店に入る。チャンプルーや天ぷらなどに心も動かされたが、あまり時間もないので久米島そばを頼んだ。昼のいい時間だったが、店には泡盛を飲んでいる男性が1人だけで、他は我輩だけだ。何だか時間がゆっくり流れている。午前中ははての浜で結構泳いだので、体もけだるくて心地いい。が、そばなのに出てくるのが遅い。15分くらいたっぷり待たされた。この店も食堂というより居酒屋という感じで、夜はきっと地元客や観光客で賑わうのだろう。でもコーレーグースーがないのが、少し寂しかった。久米島そばはやはり沖縄そばと変わりはない。久米島の素材で作れば何でも久米島そばなのだろう。出汁を啜る。ちょっと塩気が強いが、豚骨の出汁もしっかり効いているので、海で遊んだ後には丁度良い。その辺のところを計算しているのであろうか。いや、そんなはずはない。面は平打ちの中麺だが、麺自体に味がないので、濃い目の出汁を丁度いいバランスだと思う。これも計算なのか...。いや、違うだろう。三枚肉は美味しかった。あと蒲鉾。味が濃厚で後を引く味だ。全体的に丁寧に作られていて、専門店と遜色はなかった。あまり期待してなかったので、どの店もより美味しく感じられる。但し、評価はそば限定だし、那覇近辺の標準とも合わせています。

店の外に出ると、午後の日差しがまだまだこれからだとでもいうように、原色の風景を更に強く照らしていた。美しい島、久米島への小旅行ももう終わりを迎えようとしていた。

お食事処 てっちゃん                                        久米島町比嘉160-59                                        098-985-7713

| | コメント (0)

2006年7月 3日 (月)

レストラン波路

評価 7

入店日時 平成18年7月2日午後7時半頃  過去入店回数 なし

少し店名がサムいが、レストランというよりれっきとした居酒屋だと思う。となりに同名のスナックもある。店の看板から「レストラン」の文字を消し、代わりに「居酒屋野郎」とか「久米島料理の店」とかにしたら、随分貫禄が出ると思うのだが、まあ大きなお世話だろう。OTSレンタカーで貰った島内ガイドを見て、「何か良さそう」いう直感で予約しておいたのだ。店内は小上がり席とカウンター席があったが、きちり作務衣を着た板前兼店主のまん前から若干ずれたカウンター席で、まずオリオン生で喉を潤す。

この日はイーフビーチで泳ぐはずだったが、イーフビーチはすんごく遠浅の浜で、シュノーケルどころか、こんなん泳げるかよーってくらい浅い。行けども行けども浅いのだ。見てる分にはいいけど、海の中は土が堆積してて綺麗ではない。聞いた話だが、「石垣牛」のブランド化に触発され、久米島でも「久米牛」を起こそうと、さとうきび畑を潰して牧場を広げていった結果、島内の赤土が海に流れ出て、綺麗な海や珊瑚を失っているらしい。うーむ。久米島は、「楽天イーグルス」のキャンプ地に選ばれたお陰で、それで町おこしをしようというのか、島内あちこちに「楽天」の文字が目につく。「楽天そば」なんて店もあった。うーん、じゃあもっと「楽天」に頑張って貰わないと、今の「楽天」の成績じゃあ、共倒れになっちゃいますよ。町おこしや村おこしも大事だと思うけど、「興す」ことよりも、「守る」ことにどうして目を向けないのかな。「楽天」以外に誰が使うのか、デッカイ野球場や屋内練習場作ったり、滅多に車も通らないのに、陸橋作ったり、役人の浅はか考えで、補助金を無駄に使った建設はいい加減に止めたらどうなのだろうか。久米島に来る人は何を求めてくるのか、もう1度考えて欲しい。このままじゃ観光客は減るばかりだ。遥か眼下にさとうきび畑を見渡せる宇江城岳からそんなことを考える。

話は波路に戻る。で、結局泳げなかったから、あまり腹が減ってないわけで、刺身の盛り合わせ(500円、700円、1000円の3種類!)、夜光貝の刺身、久米島地鶏の刺身、車えび刺身というように、地物の刺身中心に注文する。腹が減ってない割には、刺身と言えども注文する量が多い。刺身の盛り合わせにレバーみたいなものがある。何かと聞くと、まぐろの心臓だって。食べると貝に似た味がする。珍味だ。おいしい。車えびは沖縄本島同様、ここでも結構盛んで、国内の10%を生産しているそうだ。ああプリプリで旨い。で、特に旨かったのは、夜光貝の刺身と久米島地鶏の刺身。味もさることながら、普通貝の刺身なんていうと、「へ、これだけ?」という量なのだが、ここは違う。しっかり夜光貝の何たるかを思い知るほどの量なのだ。アワビに似て、コリコリした歯ごたえと、濃厚な海の香りが口いっぱいに広がる。ああ。久米地鶏は沖縄本島でも食べたことはあるが、ここのはホントに新鮮で瑞々しく、お土産に買って帰りたいほどだった。至福のひと時である。この店はメニューも豊富で、しかもどれも島の素材を使っているからすごく新鮮なのだ。どれも美味しいし。泡盛は「久米仙」ではなく、島内のもう一つの蔵元「米島酒造」が作る「久米島」。これは久米仙よりもかなり飲みやすいので、泡盛が苦手な人にもお勧めしたい。

島の時間の流れは限りなくゆるく、追加で頼んだサクナ(長命草)のツナマヨ和えと、カボチャとイカの炒め物を肴に夜はさらに更けていく。

店を出ると、見上げる星は無数に輝いていた。

レストラン波路                                            久米島町謝名堂548-32                                     098-985-7046

| | コメント (0)

三坊

評価 6

入店日時 平成18年7月1日(土) 午後13:30頃  過去入店回数 なし

久米島に来た。那覇からフェリーで4時間。途中渡名喜島を経由して久米島の兼城港に入港。レンタカーをピックしてイーフビーチに向かう。イーフビーチはこの島の唯一のリゾートエリアで、ホテルや民宿が集中している。既に船内でまぐろジャーキーを肴にビールを4本空けて、それほど空腹ではなかったが、「久米島そば」の暖簾がいたるところに見られたので、発作的に空腹になる。「久米島そば」の店は専門店ではなく、居酒屋の昼メニューとして出しているところが多いようだ。というか、専門店はイーフビーチ周辺にはないと思う。そこで「三坊」という居酒屋に入るが、店内はこの時間でも混んでいる。メニューはチャンプルーなど定食もあるが、ここはわき目も振らずタコスそばを注文する。タコスそばとは何か。これは出てきて分かるのだが、まさにタコライスのライスの代わりにそばが代用されているのだ。

混んでいたのか、結構待たされ、15分ほどしてようやく注文の品が運ばれてきた。店の中央の大きなテーブルに何組かと相席だったので、他の客の視線がタコスそばに集まる。こ、これは...。ボロネーゼのフィットチーネのようだ。見た目は悪いが、意外にうまい。が、次も食べたいほど美味しいわけではない。意外にうまい、という程度だ。この店は夜も人気店らしく、そばを食べたそばから夜の予約をしていく客が何組かいた。我輩も夜ここに来ようと思っていたが、夜も昼相席した客と再会というのではカッコ悪いので、他の店を探すことにして、店を出た。なので、評価は昼限定です。

気がつくと、島の午後の日差しに、白いTシャツについた赤い斑点がいくつも輝いていた。久米島の午後は長い。

三坊                                                  久米島町比嘉160-56                                       098-985-8883

| | コメント (0)