« 月苑飯店 | トップページ | 沖縄裏ミシュランガイドがKindle本になりました。 »

2014年12月15日 (月)

明石食堂

評価 9

入店日時 平成26年12月13日(土)午前11時   過去入店回数 なし

急に思い立って石垣に飛んだ。 離島に行けば流石に釣れるだろう、ということで釣竿を持ってだ。 ところが新石垣空港に着いてみると爆風の上に激寒だ。どんよりとした雲に覆われた島はまるで日本海の孤島の様相を見せている。かなり低いテンションで空港近くの漁港でエギを投げてみるも、イカどころか魚の気配すらない。早々に諦めモードになり、さっき朝食を食べたばかりだが、昼食に行くくらいしかやることがないのでナビで検索すると、島北部の明石というところで八重山そばが食べれるらしい。店に着くとレンタカーの観光客が店の前で開店を待っている。かなりの人気店のようだ。朝早かったので仮眠をして起きると、すでに店は開店していた。席はほぼ満席になってる。カウンター席に座り八重山そばの中を注文する。他には軟骨ソーキと野菜そば、カツ丼があるだけだ。店はそばの店にしては綺麗で新しい。民宿というかコンドミニアムのような宿泊施設も併設されている。スタッフの数も十分だ。 運ばれてきた八重山そばをみるとスープが白濁している。とんこつスープのようだ。麺は八重山麺なので黄色くて丸い。小さなブロック状の豚角煮が数切れ浮いているのが見える。 それに八重山のスパイス「ピパーツ」をふりかけ、さらにコーレグースーを垂らして味わう。う、うまい。スープが上品なとんこつ味で、ラーメンというか長崎ちゃんぽんのスープのようなのだが、臭みは全くなく、あっさりしていてゴクゴク飲めてしまう。それに丸太麺がよく絡み、すんごく美味しいので一瞬で食べてしまった。 「大」にすれがよかったな。 

この後さらに北に向かい、サーフからルアーを投げるもシジャーが相手をするくらい。また小腹がすいたので、明石食堂に戻り、今度は「大」を食べて於茂登岳に登ることにした。 山頂を往復するも、誰一人会うことはなかった。 結局この島に来て口を開いたのは、「中」と「大」という2句だけだった…。 

ああまた食べたいな。 もう後を引いている。 石垣でもかなり僻地にある食堂だが、とんでもなく美味しい八重山そばと出会った1日でした。

明石食堂

石垣市伊原間360
0980-89-2447

 

|

« 月苑飯店 | トップページ | 沖縄裏ミシュランガイドがKindle本になりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/58274178

この記事へのトラックバック一覧です: 明石食堂:

« 月苑飯店 | トップページ | 沖縄裏ミシュランガイドがKindle本になりました。 »