« なかむらそば | トップページ | 明石食堂 »

2014年11月 4日 (火)

月苑飯店

評価 9

入店日時 平成26年11月3日(月)午後12時半頃    過去入店回数 1回

言わずと知れた沖縄市にある歴史のある中華料理店。 沖縄が返還される前には米軍高級将校の社交場として利用されていたらしい。最近プラザハウスのRoger'sがアツい、との情報を耳にし、建設中のイオンモール沖縄ライカムを横目にやってきました。 3連休の最終日の正午とあって、店内はほぼ満席だったが、このキャパを埋めてしまう力はすごい。 客層はファミリーが多いのだが、子供連れというより落ち着いたファミリーがちょっと少しだけお洒落してランチ、って感じが多いように思う。 沖縄にはそんな肩肘の貼らない、でも少しだけちゃんとした感のレストランが少ないので、とっても貴重なお店だと思う。 親子代々って感じで昔から通っている、なんて人も多いんだろうな。 ランチメニューから麺と炒飯と春巻きを注文したが、この店の凄いところは料理が美味しいのは言うまでもないが、お店の雰囲気と接客がいいのだ。 特にベテラン女性スタッフの接客がいい。 鳥の出汁がよく効いたスープを飲んでいると、店内が混んできたのと相まって、暑くなってきたので女性スタッフに室温を下げるようにお願いすると、即座におしぼりを持ってきた。 こういうサービスって高級店でないと中々出来ないと思う。 炒飯は塩気が抑えられていて、スープと共に食すと誠に美味しい。 具がぎっしり詰まった大きい春巻きも是非食べて欲しい。食後のコーヒーには、アイスには冷たいミルクが、ホットにはほんのり暖かいミルクがポットに入っていた。 こういう細かいサービスをする店が沖縄にあるかな。 正直味は中華街でいくらでも食べられる中華料理だけど、値段との対比で考えるととってもお得なお店だと思う。 逆にいうと横浜の中華街なんて行かなくても沖縄でも高いレベルの中華が食べられるわけだ。 プラザハウスもこのレストランも沖縄の近代歴史そのもの。象徴だ。 大資本なんかに凌駕されずにいつまでも続いて欲しい。 そのためには我々県民も新しいものだけでなく、沖縄のこういう古いお店を大事にしなければならないのだ。

月苑飯店                                                            沖縄市久保田3-1-12  プラザハウスショッピングセンター                                                     098-933-3111

|

« なかむらそば | トップページ | 明石食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/57885593

この記事へのトラックバック一覧です: 月苑飯店:

« なかむらそば | トップページ | 明石食堂 »