« 2013年3月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

2013年8月19日 (月)

PETIT MARGUERY

評価 7

入店日時 平成25年8月17日(土)午後7時半頃   過去入店回数 なし

土曜日だが仕事関係の講習で丸一日かんづめだったこの日、先延ばしにしていた彼女の誕生日でこの店を訪れた。 以前那覇の名店『アルティザン』があった場所で、前から気になっていたのだ。 気の利いた料理でキリっと冷えた白ワインをがぶ飲みしたい、そんな気分で『お任せコース』を選んだ。ワインはアルザスのゲヴュルツトラミネールを喉が欲していたが、リースリングしかないというのでそれをボトルで注文する。店内はほぼ前の『アルティザン』と同じだから居抜きなのかも知れない。『アルティザン』はガッツリした男性的な料理をアラカルトで2〜3種チョイスして、ワインをがぶ飲みする、というスタイルで、料理もチマチマしたものでなく非常に好きな店だったのだが、いつの間にかなくなっていた。名残惜しくて何かの折に『アルティザン』のことを調べていると、驚いたことに横浜の実家にほど近い元町商店街に移転して営業しているというではないか。まだ行ったことはないが、那覇から横浜というのに縁を感じ、一度訪れてみたいと思っているのだがまだその機会はない。その後の店であるここ『PETIT MARGUERY』もビストロ風に肩の凝らない料理をワインと楽しむ、というスタイルのようだ。料理はお任せコースでも4000円なので非常にリーズナブルだ。前菜は夏野菜のジュレ、次に魚介のサラダに始まり、チキンのキノコ包み、シチューマチの蒸し焼き、鴨のローストと続き、デザートとコーヒーが続いているのでお得感はあるが、同じ付け合せの野菜が複数の料理に使われているのと、高級食材は皆無なのでラグジュアリー感は全くない。料理も繊細というよりは荒削りで余計なプレゼンテーションがないので若干の素っ気なさは感じる。 味についても強い印象は残らず、自分で作れてしまうような料理だった。 もう1グレード上のコース料理とスペシャリテを期待したい。 ここ一番、という店ではなく普段使いの店なのかな。 ビストロ、だし。 カウンターもあるので1人で食事するのにも向いているかも知れない。実際この日も男性の1人客が2人いた。 気取りのない雰囲気同様会計も赤ワインをグラスで追加して14000円だった。上手く注文すれば1万円以内にも収まるのではないかな。今度はアラカルトメニューから選んでみたい。 

飲み足りなかったのでこの後Accordに流れ、禁煙の中禁断のシガーをやってしまった。しかし先日の一過性脳虚血発作の恐怖からか、モンテクリストのNo.4でもあまり美味しくは感じられなかった。これなら禁煙は成功しそうだ。

PETIT MARGUERY(プティ マルグリィ)                                                     那覇市久米2-11-3                                                        098-862-3162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年11月 »