« 英良 | トップページ | 讃岐うどん要 »

2012年11月13日 (火)

西屋

評価 8

入店日時 平成24年11月1日(木)午後9時頃  過去入店回数 なし

蒸餃子が好きである。焼売はもっと好きである。特に崎陽軒。崎陽軒の焼売は冷めたままに食うのが旨い。自分の中の至福のひと時は、新幹線で食べる焼売弁当か、飛行機で食べる焼売にビールである。先日も実家から沖縄に戻る際、珍しく空港で崎陽軒の焼売を見つけた。崎陽軒の焼売はいつでも売っているのだが、遅い時間になると真空パックのものしか置いておらず、通常の焼売は売っていないのだ。ところがこの日はあった。スーパードライと共に買い求め、飛行機が離陸するのを待つ。シートベルトのサインが出る前に何か食べようとすると、CAがわざとらしく紙おしぼりを持ってくるのだが、これが嫌いなのである。サービスのつもりであろうが、食べてる最中に紙おしぼりなど差し出されても困ってしまう。食べた後に口をふけ、ということであろうか。煩わしいのでCAも着席するタイミングで飲食することに決めている。しかし問題がある。焼売。クサいのである。機内で開けると、途端にモワっと立ち込めるひき肉とニンニクの香り。食べる本人でさえ「クサい」と思うのだから、周りの人は迷惑だろう。だから食べる時は控えめに食べる。まず箱から醤油用の小皿を取り出す。これに醤油とカラシ、そしておしぼりと爪楊枝がまとめてセットになっているのである。一度蓋を閉めて、醤油とカラシを混ぜる。よく醤油とカラシを混ぜるのがポイントである。で、ここでまた蓋を開けて一個素早く口に投入する。素早く蓋を閉める。匂いが立ち込めるのを最小限に抑える。この隠れて食べる感が更なる奥深い味を引き出すのだ。食べたことないけど、闇鍋ってこういう感じなのかな。どうでもいいことを考えてビールを一口。また焼売を素早く一個。ビールを一口。焼売を素早く一個。この作業を繰り返す。ここで異変に気付く。クサい。とてつもなくクサい。焼売以外にとてつもなく匂いが立ち込めている、と思って隣の席を見ると、「おい、お前もかい!」 と思わず叫んでしまった。どこで買ったのか見事な曲げワッパに入った漬物の盛り合わせに日本酒を旨そうに呷る初老の紳士。 「負けた、完全に負けた。」 見事である。日本酒に漬物。その組み合わせの妙も然ることながら、このオイニー。そして恥じることなく堂々と席のテーブルに並べられた黄金のペア。この2席から放つオイニーで飛行機が傾くんじゃないだろうかと思うほどの匂い。「匂いの強いものの飲食はお控え下さい。」といつ機内アナウンスで指摘されるんじゃないかとビクビクして、至福のひと時どころではない。2箱焼売を食べるつもりが1箱で切り上げてしまった。この初老の紳士は実にうまそうに3本の日本酒を漬物を肴に奄美上空まで楽しんでいた。

ところで「西屋」である。「餃子の旨い店がある。たぶん沖縄一だろう。」という中華系の同僚の言葉が真実か確かめに来た。店の佇まいは中々入りづらい雰囲気で、確かにやりそうな気がする。先日も来たのだが、貸切か何かで入れなかった。この日も団体が店の殆どを占有していたが、奥の座敷が空いていたので何とか入れた。中華の餃子とは、すなわち蒸餃子か水餃子のことである。この店も中国系の人が作っているのだが、焼餃子もある。ラーメン屋の餃子ほど不味いものはないが、こういう店の焼餃子は旨いことが多い。なので、焼き餃子、水餃子、青梗菜炒め、豚タンの冷製、手打ち麺の味噌つけ麺を注文する。生ビールを飲みながら改めて団体を見ると、みんな小奇麗なカッコをしている。公務員か銀行系という感じである。メニューを見ると男子2700円、女子2300円で3時間食べ放題、飲み放題である。おつまみの豚タンを食べながら、居酒屋よりも美味しいし安いから会社の飲み会にもいいなあ、と一人ごちる。2杯目のビールを頼むのと同時に、焼き餃子が来た。テーブルにセットされている「餃子のたれ」と自家製っぽいラー油、そして黒酢をミックスする。これにつけて、一気にパクリ。「あ、アっチュい、けどウンメーイ!」と喚く。パクリ。餃子の中の肉汁が一気に口に弾ける。「うまい、うまいよ、これは!」 ニンニクは効いてなくて、絶妙な厚さの皮の中に肉団子が丸ごと入っているようである。漢謝園よりも上だなあ。ってことは自分の中の沖縄一ということだ。水餃子も言わず物がな、である。他のメニューも美味しいけど、これは平均レベルである。ここに来たら餃子、それとビール。この黄金のペアだけを楽しむべきだろう。そう思った。 それとすごく安いです、この店。 場所? しばらくは教えません。って調べればすぐにわかるけど。

本格餃子&中華小料理専門店 西屋

|

« 英良 | トップページ | 讃岐うどん要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/47812220

この記事へのトラックバック一覧です: 西屋:

« 英良 | トップページ | 讃岐うどん要 »