« 西屋 | トップページ | メゾン・ド・フジイ »

2012年11月14日 (水)

讃岐うどん要

讃岐うどん要

評価 5

入店日時 平成24年10月20日(土)   過去入店回数 1回

沖縄で『讃岐風』のうどんが食べられる。が、断じて『讃岐うどん』ではない。まず天ぷらがダメ。讃岐のうどん店は流行ってない店でも、暇な時間帯でも種類豊富で揚げたての天ぷらがセルフでチョイスできる店が多い。が、ここはランチタイムでも種類が少なくて、揚げ方も雑である。おまけにビュッフェ形式で、まずうどんを注文してトッピングを選んでいく動線が全く持って非効率的なのと、茹で上げにはこだわっているのか茹で上がるのが遅いので、トッピングをチョイスして会計した後、席でかなり待たされた挙句、列の中ほどにあるうどんの受け渡し場所に割り込んでいかなければならない。何とかもっと工夫できないものか。それから店が汚い。もっと従業員はまめにフロアに出てきて、テーブルを拭いたり、椅子の位置を直したり気を使うべきである。トッピングのカウンターも荒れ放題である。店自体が古かったりするのは全然いいけど、テーブルやカウンターが汚いのは論外である。そもそも接客が不愉快である。1回目に行った時、会計を済ませてその場でうどんの茹で上がるのを待っていたら、『席に座ってください』と言われた。『ここでいい』というと、奥のオーナー風の店員に聞いていたが、その後また「席で待ってて下さい」と言われた。『どうせ、また取りに来るんだし、後ろの人のうどんもまだなんだからここでいいでしょ』っと言っても強硬に『お座りください』と言われたので、うどんを諦めて天ぷらだけ食べて帰った。この日は空いている時間帯だったので、無理に座らされはしなかったけど、ケンカ腰の接客に変わりはなかった。うどん、おいしいかな? 讃岐のはもっともっとコシがあって喉越しがいい。花まるうどんの方が全然いいな。『うまいうどんを食わせてやってる』感がいっぱいである。エバるつもりは毛頭ないが、客を客と思わないダメな店の典型である。讃岐の称号はもう外してほしい。

讃岐うどん要                                        浦添市牧港1339                                     098-874-2080

|

« 西屋 | トップページ | メゾン・ド・フジイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/47831377

この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐うどん要:

« 西屋 | トップページ | メゾン・ド・フジイ »