« 来夏世 | トップページ | 【東北地方太平洋沖地震について】 »

2010年11月10日 (水)

グリル銀次

評価 8

入店日時 平成22年10月14日(木)午後19時半頃 過去入店回数 1回

今沖縄を折檻している銀次グループの洋風バージョンの店である。といっても最近まで全くその存在を知らなかった。この下の鳥料理屋には来たことがあるし、さんぱちラーメンにもよく来るのにこんな場所にこんな店があろうとは。最近出来たのかと聞くと、今年の4月だという。最近飲みに行ってないので、こういう情報にも疎くなっているのだ。前回も今回もムサい男連中と行ったのだが、イカにも女性受けしそうなお洒落な店内である。男女4人くらいで行くのが相応しい気がする。見ると客もお洒落に見えてくる。少なくとも我々のようなイカつくも脂ぎった男性客はいない。料理はタパスを中心に、鉄板で焼くグリルを売りにしているらしい。ビールからハイボールに切り替え、男同士なので会話から食事モードに切り替えていると、連れの男性が「ちょっと高いビール注文してもいいですか?」と聞く。今日は自分のおごりだが、たかがビールでこういう確認は礼儀正しいと思う。しかしこの後驚くべきことが起きた。「このビールの正しい注ぎ方、知ってますか?」 ビールの注ぎ方など、もちろん学生時代に叩き込まれたので言うまでもないが、一応聞くと、一度半分ほど注いでしばらく時間を置いて最初の泡が落ち着いてからまた注ぎ足すのだという。めんどくちゃいなあ。しかしこれは序の口だった。気の利くここの店員が新しいビールを持ってきて、「注がせていただきます」とビールをソヤツのグラスに注ごうとするのを静止し、「ちょっと待って! このビールの正しい注ぎ方知ってるの?」と来た。もちろん店員は「??」である。 「知らないんだったら自分で注ぐ。でも今後のために見ててね。」と来たもんだ。 「まず半分注いで...」  我々は同じ客として恥ずかしかった。当然「ボトルから直接飲め!」と突っ込みは入れてみたものの、店員の困惑は止められなかった。この後期せずして店員が会計を頼んでないのに間違って持ってきたので、それを潮時としたが、ちょっと疲れて帰途についたのだった。この店、食事は驚くほど美味しいわけではないが、雰囲気、値段、サービスのバランスはいいと思う。男子トイレのドアが出入りしにくいのがタマにキズかな。

産直鉄板焼き&炭火厨房 グリル銀次 新都心5F店                      那覇市おもろまち4-6-24                                     098-988-8542

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=fwkb8273-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B005QWQHQ8" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

|

« 来夏世 | トップページ | 【東北地方太平洋沖地震について】 »

コメント

私の親友もその類が多く。

ビールの注ぎ方にうるさいやつ。
ウィスキー水割りの分量にうるさいやつ。
ハイボールのステアの回数にうるさやつ。

んなん、酔っ払ったらあまり関係ないと思うんですが・・・まいかい、酔えば酔うほどに店員さんに絡んでいます。

投稿: ちゃーん | 2010年11月16日 (火) 21時32分

お元気ですか?何かおすすめの本あったら教えてください。(料理でなくビジネス関連か啓発的なもので)

投稿: ○○○ | 2011年1月10日 (月) 00時48分

味が濃い過ぎです。
注文した料理全部味が濃い過ぎて、食べてる途中で胸やけしちゃった。
こんな料理を毎日食べてたら早死にしそう。
お茶漬け食べたい…
店内も暗過ぎて目が悪くなりそう…
雰囲気作り過ぎ…

投稿: よし | 2011年11月 6日 (日) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/37594090

この記事へのトラックバック一覧です: グリル銀次:

« 来夏世 | トップページ | 【東北地方太平洋沖地震について】 »