« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月

2010年8月10日 (火)

hinode

評価 8

入店日時 平成22年8月7日(土)午後10時頃  過去入店回数 なし

最近週末に天気が崩れるので釣りにも泳ぎにも行けない。ま、行っても釣れないのだが、夏の沖縄で海と近づけないのはツラい。で、夜は酒を飲むこととなる。最近血圧と痛風の薬を飲むようになって、安心から節制することを忘れている。薬も考え物である。雨の土曜日の午後10時。オトナが飲みに行くには少々遅い。「東大」に焼きテビチを食べに行こうかと出向いたが、相席ということで二の足を踏んだ。酒は少々飲みたいが、前日も「可宇田」で痛飲したので控えめにはしたい。車で久茂地をさまよいこの店の存在を思い出した。ラッフルズカフェが閉店した後にOPENした店。確か料理も酒も和洋折衷と聞いた。入店すると、店の雰囲気はそのままラッフルズだ。居抜きで引き継いだのだろう。テラスに2組、店内に2組の先客だが、騒々しさはない。メニューを見ても、「オトナの居酒屋」を目指しているのだろうか、食も酒もバリエーション豊かだ。今帰仁産ウニのムース、水茄子の刺身、焼き〆鯖のマリネ、松島の生牡蠣、自家製レバのパテを注文し、ビールで喉を潤す。料理は和洋折衷だが創作料理のように印象が薄いものではなく、居酒屋料理のような大雑把なものでもなく、値段と比較してしっかりしたものが多い。量もこの手の店に多い、申し訳程度、というわけでもなく、1品1品が適量だと思う。ビールを「春雨ゴールド」に切り替え、モッツァレラとベーコンのピザと野菜たっぷりオムライスを追加する。思いのほかオムライスが大きかったので、怯んでいると沖縄らしく「食べ切れなかったら持ち帰れる」という。イケメンスタッフの接客もこなれた感じで、一言でいうと「バランスのいい店」と言えるのではないか。大人数ではなく、静かにゆっくり飲みたいオトナの男女2~4人で訪れるのがいいと思う。女性同士もこの店の雰囲気に合うだろう。もう少し涼しくなったら公園に近いこの店のテラスでスパークリングワインを飲もう。二日酔いで昼は潰れてしまったが、まずまずの気分を取り戻し帰途に着いた。

リビング&ダイニング   hinode                                 那覇市牧志1-6-13                                                                                      098-863-2332

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »