« CAFE SMOOTH | トップページ | 松之屋 »

2009年7月23日 (木)

もりやま唐揚店

評価 7

入店日時 平成21年7月20日(月)午後17時頃  過去入店回数 なし

海の季節になった。休日の夕方から出かけ、1時間ほど泳いで帰る途中の南部の道が好きだ。さとうきび畑を貫く道の向こうに大きな入道雲。泳ぎ疲れて少しけだるい車内で頬張る天ぷらが好きだ。そして天ぷらのみならず、「唐揚」が本日追加された。もともと唐揚は好きだ。居酒屋のでも、カラオケボックスのでも、どこのでもいい。唐揚が好きだ。「フライドチキン」ではない。唐揚なのだ。会社の元後輩に「ブログネタに」と教えて貰ったこの店。まさに唐揚店の名の通り、①骨なしからあげ100g 170円 ②骨なしピリカラからあげ 100g 170円 以外のメニューはない。3連休の最後の日、午後の殺人的な太陽光線に若干緩みが出た頃、この店の前にいた。「店」というより「スタンド」だ。スタンドだから持ち帰り専用だ。そのスタンドに人はいない。「ブーッ」とクラクションを短く鳴らすと、「アイヨッ」と隣の自宅の2階から店主と思しき男性が顔を出した。①と②をそれぞれ300gづつ注文する。もちろん注文を聞いてから粉を付けて揚げはじめるので、しばらくして「ジョワーッ」という油がはぜる音が聞こえてくる。蝉の声に増して、非常に暑く感じる効果音だ。ここでどうしても店主と会話を交えることになる。店主によると、この唐揚のスタイルは、大分県の中津市というところのもので、実際店主もこの店(スタンド)を開けるにあたって数ヶ月とある中津の名店で修行をしたらしい。中津が「唐揚のまち」ということも知らなかったが、聞くとケンタッキーを追い出したほど唐揚の店が多いらしい。今で言うと「ご当地グルメ」ということになるが、背景に中津には戦前から養鶏場が多かったからとか、戦後中国から唐揚という調理法を持ち帰った人が店を始めたからとか、諸説あるがどれも定かではないらしい。そんな話をしていると店主の携帯が鳴った。「え、全部同じ大きさ? そりゃ無理だ、一つ一つ包丁で切ってるんだからあ。」  という会話が聞こえてくる。どうやら電話の向こうの主に、「全部同じ大きさにそろえてくれ」と言われているらしい。「そうだよなあ、ケンタッキーにしてもコンビニのフライドチキンにしても、全部同じ大きさだからなあ。同じ大きさに揃ってるのが普通と考えてる人が出てきても不思議じゃないか…。 それにしても、コンビニのチキンって整形してるんだろうなあ、全部同じ大きさだもんなあ。」などと思うのである。店主も「そんなの出来るわけねえじゃないか。」と文句を言っていた。 唐揚が揚がるには5分くらい要する。もし待つのが嫌なら先に電話をしておけばいい。しかしここで会話するとしないとでは後で食する時の「味」が変わってくるであろう。会計は600gで1020円だった。2人で食べるとなると600gは多いが、100gだけ、というのも注文しづらい。早速一つ頬張る。味はかなりしっかりめだ。ニンニク、生姜、醤油に長時間漬け込んでいるからであろう。冷めても美味しいとのことだが、やっぱり揚げたてを頂きたい。さすれば文句なしに美味しいのだ。ビールが欲しくなる味でもある。熱々のまま家に持ち帰り、ビールとともに食べれたらどんなに幸せだろう。そんなことを考えつつ、帰路の車の中で半分以上平らげた。 ①と②は袋の中で一緒に混じってしまっていて、味の違いが最後まで分からなかった。

もりやま唐揚店                                            糸満市阿波根576-6                                       080-1718-9379

秘伝のタレで漬込みました【赤鳥の唐揚げ】 秘伝のタレで漬込みました【赤鳥の唐揚げ】

販売元:食を楽しく〜しょくらく〜
楽天市場で詳細を確認する

グルメ ガイド 沖縄の美味しいお店 てだこ亭 クッチーナ 沖縄そば タコライス 泡盛 知花くらら ダイビング サイクリング 離島 壷屋焼き DFS 美ら海水族館 首里城

|

« CAFE SMOOTH | トップページ | 松之屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/30653161

この記事へのトラックバック一覧です: もりやま唐揚店:

« CAFE SMOOTH | トップページ | 松之屋 »