« PURO | トップページ | 泉崎 »

2008年10月 9日 (木)

追風丸 久茂地店

評価 8

入店日時 平成20年10月4日(土)午前0時頃  過去入店回数 なし

やってしまった。 深夜のラーメン。 飲んだ後のシメ。 久しぶりに。1軒目のイタリアンを若干軽めにしたので、BARを出たときにすごい空腹を感じたのだ。こうなるんだったら、最初からいっぱい食べておけばよかった。そんなことをボヤキながらも心の奥底ではヤケクソ的な幸福感で満たされている。何とか自分自身を納得させようとする理由を探すが、んなものあるわけない。食べたいから食べるんじゃい。で、バーバリーコーストの並びにあるこのお店。 以前から気になっていたのだ。深夜になろうというのに、結構客が入っている。博多ラーメンの店かと思ったが、北海道ラーメンらしい。よくありがちな、「XX流」という大そうな副店名がついている。何だかなあ、こういうのって気恥ずかしいなあ。ラーメンなんて美味しきゃいいじゃん、って思うのだが、こういうことで差別化ってことも意識しているのだろう。"つけ麺"がある。つけ麺で一番好きなのは新宿・満来なのだが、今までそこより美味しいと感じた店はなかった。ここのは満来とはスープの基本が全然違うようだが、メニューの写真が美味しそうだったので注文した。彼女は店のお勧め"白味噌ラーメン"を選んだ。ラーメンはほどなく来た。つけ麺にトッピングされている具の種類が豊富で嬉しくなる。"白味噌"の方は、筍の大きなスライスが載っていたりする。 で、味だ。はっきり言おう。すごくウマい。独特の濃くと旨み。麺のコシ、酔っていたからなのかも知れないが、つけ麺としてはかなり美味しかった。これだったらメタボになってもいいなあ。(うそ)  スープを1滴も残さず、彼女の残した分までしっかり食べて、突き出た腹を抱えて金曜日の夜も更けていくのだった。 シメのラーメン、1杯で1年寿命が縮まらなければいいが...。(うしろの百太郎かい!)

追風丸 久茂地店                                            那覇市久茂地3-15-1                                         098-861-0239

うしろの百太郎 [文庫版](1-6巻 全巻) うしろの百太郎 [文庫版](1-6巻 全巻)

販売元:全巻漫画楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

|

« PURO | トップページ | 泉崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/24356600

この記事へのトラックバック一覧です: 追風丸 久茂地店:

« PURO | トップページ | 泉崎 »