« 古謝そば屋 | トップページ | 茶屋 城間マンナ »

2008年6月13日 (金)

舞天 本店

評価 7

入店日時 平成20年6月9日(月)午後8時頃 過去入店回数 10回以上

以前久茂地店を紹介したが、今度はおもろまちの本店である。この店は職場に近いこともあり、度々利用させて頂いている。雰囲気がいいし、酒の種類が多いのでワリと気に入っている。たまに2階席に通されるのだが、2階の雰囲気の方が好きだ。久茂地店よりも落ち着いたスタッフが多く、サービスもソツがない。痛風の発作が治まったので、久しぶりに外で飲む。プリン体カットでない生ビールを飲むと、罪悪感からか、恐れからか、何故かいつもより美味しく感じてしまう。爆弾になるかも知れないのに...。ここの料理は若干量が少ないのだが、他にはない少しだけ変わったものが食べられる。鶏肉や刺身が一番痛風によくないので、それらは避ける。自分が一番好きなものだけに、明日から何を希望に生きていけばいいのであろうか。毎日ひじきやもやしばっかりなんてあんまりだ。それでも発作が再発するのが怖くて夕食のメニューには気を使うようになった。ビールはプリン体99%カットの「淡麗アルファ」、魚介類は一切食べず、海藻類、葉野菜、根菜をつまみにする。肉は豚肉のみ。それも少し。ああ...。でもあの死ぬほどの激痛には勝てないのだ。 ここはそばが美味しいので、そばサラダ、そばコロッケ、味噌漬けチーズ、イベリコ豚ロースト、万願寺唐辛子塩焼きを注文する。料理はそこそこ美味しい。ビールの後はワイン。ワインは酒類では比較的プリン体が少ない。カウンター席には出張族らしきお一人様の男性が3人ほどいる。そばをズズッと啜る音が同時に聞こえる。たまらず十割そばを注文する。そばはパスタと並んで好きな麺類だ。そばと言えば、忘れられない味がある。今から10数年前のGWであろうか、学生からの友人と焼額山にスキーに行った帰り、長野市内のそば屋に寄った。そこは結構有名な店で、まだ夕方というには早い時間だったが、そばの前に、馬刺しやふきのとうの天ぷらで日本酒を飲んだ。これがちょっと異常に美味しくて、店の閉店までベロベロになるまで飲み、会計をしたら思ったより高くて持ち金叩いても少し足りなかった。店主に昼から酒飲んで金が足りないなんて、ロクな若者じゃねえな、って罵倒され(足りない分は負けてもらった)、気が付いた時は明け方で、善光寺にテントを張って寝ていた(当時はいつも車にテントを積んでいた)、という忘れがたい記憶がある。翌朝ATMでお金を下ろし、前日のそば屋に足りない分を払いに行った。それを店の店主がいたく感心して、そばをご馳走してもらった。確か「絞りそば」というものだったはずだ。これが今まで食べたそばの中で一番美味しかった。そばを出汁ではなく、青首大根の卸し汁に浸して食べるのだが、そばの風味がより生きて、大根汁の辛味がピリッといいアクセントになって本当に絶品だった。今思い返しても唾液が出る。あまりに美味しいので、また日本酒を注文し、午前中からいい気分になり、店主に心底呆れられた。その後、酔った勢いでなぜか北アルプスの五龍岳の麓にパラグライダーに行き、更に飛騨高山、名古屋に転戦していった記憶がある。そう、その名古屋でも忘れがたい味に出会った。たまたま車で立ち寄った食堂なのだが、店内ではTVで巨人戦が流れていた。何気なく、「おーっ、ジャイアンツ勝ってるじゃん。」って言った瞬間、店の全員の鋭い視線が我輩に集まったのだ。ここが名古屋ということを忘れていた。狼狽を隠せず、俯きながら友人と選んだメニューが「味噌カツ・きし麺セット」だ。名古屋の2大名物が一緒に食べられるわけで、それを注文する。中日の選手がヒットを打つと、「オッシャーっ」とにわか中日ファンになりながら、周りの雰囲気に溶け込む努力をしながら待っていた。注文の品が運ばれてきて、口に運んだ瞬間言葉を失った。思わず友人と顔を見合わせた。「う、うめえ。」 二人同時に呻いた。あまり期待してなかったのだが、きし麺も味噌カツも涙が出るほどウマかった。その後友人と思い返してみても、その店がどこにあったのかも、何と言う店名だったのかも全く憶えてないのだ。まさに幻の店である。もし死ぬまでに何が食べたい?と聞かれれば、迷わず名古屋の幻のきし麺と味噌カツと答えるであろう。

まあいずれにしてもこう思い返してみると、痛風になるべくしてなったわけだ。それにしてもたった10数年前なのに...若かったなあ。

舞天 本店                                                                                                     那覇市おもろまち4-3-28                                                                               098-862-1336

Hi-vision 浪漫紀行 空中散歩〜北アルプス展望(DVD) ◆22%OFF!

|

« 古謝そば屋 | トップページ | 茶屋 城間マンナ »

コメント

楽しい思い出話ですねhappy01
名古屋には行ったことないですけど、
そんなに中日ファンって"アツイ"イメージなかったので驚きwobblyです!!
舞天本店行ったことあります。
お値段高めで料理は普通という感じでした。鏡張りの二階はお店が広く見えていいアイデアだとは思いますが。

投稿: ヤーヤー | 2008年6月24日 (火) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/21546420

この記事へのトラックバック一覧です: 舞天 本店:

« 古謝そば屋 | トップページ | 茶屋 城間マンナ »