« 炙り屋 | トップページ | 古謝そば屋 »

2008年6月11日 (水)

郷家

評価 7

入店日時 平成20年5月30日(金)午後9時頃  過去入店回数 なし

ゴーヤ。と読むのだろう。夜の9時頃入店したのだが、駐車場を見て驚いた。殆ど、いや全ての車が「わ」ナンバーなのだ。旅行会社やレンタカー会社から優待券の類が出ているのであろうか。店内はだだっ広い。100名は余裕で収容できそうだ。ツアー客でも囲っているのだろうか。店に入る時に「今日の三線ライブは終わりましたよー」と言われた。静かに飲みたかったのでちょうど良かった。席について周りを見渡すと、まさに観光客の巣窟状態である。料理の写真を取るもの、肌が赤いもの、ガイドブックを見ているもの、様々だ。圧倒的に女性客が多い。まあ、自分も観光客であるからして、何かうすら恥ずかしくなった。ビールを頼んでメニューを見る。特に変わったものは見られない。殆どが典型的なウチナー料理だ。まあそれもいい。宮古産枝豆、イラブチャー刺身、もずくソーメン、紅豚の塩焼きを選んだ。ビールを2杯飲み、泡盛にしようとメニューを見ておったまげた。泡盛の値段がぼったくりかと思うほど高い。古酒を揃えているのはいいが、ポピュラーなものでも驚くほど高い。観光客が多いワリに、料理の値段がそれほど高くないので感心していたが、こんなところに仕掛けがあったのだ。菊の露が1合900円。おいおい、本島だったら下手するとボトルの値段だぞー。やるなあ。さすがに菊の露1合に1000円近くも出せないので、宮古の酒、沖の光を注文する。すると意外にも「ない」と言う。メニューには「各種泡盛1合から承ります。」と謳ってある。別に在庫を調べにいったわけでもないので、この姉ちゃんが怠慢なのか、無知なだけなのだろう。仕方がないので結局菊の露となる。この店、スタッフが観光客慣れしているのであろう、気さくに話しかけてくる。素人くさいが内地からの観光客にはたまらないだろう。人数も多い。料理は味も量もまあ普通だが、ワリと好みの分かれる店だと思うなあ。大人数、若い人、騒ぎたい人にはいいかも知れない。三線ライブの時など客が輪になって踊りまくることも多いそうだ。ホッ。

郷家                                                  宮古島市西里570-2                                        0980-74-2358

沖之光酒造[沖縄県]琉球泡盛琉球泡盛レトロボトル沖の光30度 600ml 沖之光酒造[沖縄県]琉球泡盛琉球泡盛レトロボトル沖の光30度 600ml

販売元:花房酒販
楽天市場で詳細を確認する

|

« 炙り屋 | トップページ | 古謝そば屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/21544980

この記事へのトラックバック一覧です: 郷家:

« 炙り屋 | トップページ | 古謝そば屋 »