« 舞天 本店 | トップページ | CURE HEART »

2008年6月16日 (月)

茶屋 城間マンナ

評価 6

入店日時 平成20年6月14日(土)午後8時頃  過去入店回数 なし

寄宮の名店、寄宮レストランが閉店した後に変な名のレストランが出現した。城間マンナ。オーナーシェフの名前だろうか。店の前には「城間真菜」の店とある。沖縄料理会では有名な人なのだろうか。いずれにしても、あの寄宮レストランの跡に出来たのだから、気にならないはずがない。毎日見ているだけで、いつか入ろうと思っていたが、とうとう今日実現できた。お腹が減って倒れそうな夜、家で作るのが面倒だと思った瞬間、この店のことを思い出した。ここは那覇市内には珍しい駐車場があるから便利である。歩いてきたけど。店は寄宮レストランの時と少し印象が変わっていて、各テーブルのプライベート感(個室感)が強調されている。結構混んでる。女性の客が多いな。ま、この手の店にいい大人のオトコが入ること自体、間違っているのだろう。片付けられていないテーブルも目立ち、結構店がバタついている印象だ。フロアのスタッフもオタオタしており、慣れていない感じだ。こういう時は責任者がフロアに出てきて状況を把握し、的確に指示を出さなきゃなあ。ジョイフルの従業員の方がよっぽど鍛えられてるのは事実だろう。夜のパスタコースが1250円。安い。この時点では安いと思った。生パスタにバケット、前菜にデザート、コーヒーがついてである。デザートの代わりに追加280円でビール(Sサイズ)に変更出来るとある。痛風でも1杯ならいいであろうと、迷うことなくビールにする。コースメニューだけでは少し物足りない気もしたので、シーザーサラダを追加する。こちらは680円だ。奥に個室があるのであろうか、賑やかな声がする。女性が模合いで利用することも多いようだ。コースはパスタだけではなく、うちなー料理やハンバーグ、石焼ご飯のバリエーションがあるようだ。イタリアン専門というわけではないのだ。茶屋、という表現も当てはまらない気がするなあ。前菜をツマミにビールで喉を潤す。前菜はこの値段だから、まあ大したものはない。サラダ、マグロのカルパッチョ、ラタテュイユが申し訳程度に盛られている。まあツマミになるし、ないよりはいいか。次にビールマグに突き刺さった、「バケッ塔」がきた。ここんちの呼び方である。バケットは注文の時に、何を塗るか聞かれる。ガーリックバターにしたのだが、他にハチミツ、明太子、ハーブ風味などがあるらしい。この辺の演出がオンナ・コドモにウケるのであろうか。これも名物なのだろう。バケットを食べると結構お腹が満たされてしまった。シーザーサラダを追加したことを悔やんだ。お腹がいっぱいということもあったが、特に美味しくもなかった。ファミレスの方がマトモなサラダを出す。そんな印象を持った。看板料理の生パスタが来た。今日はキャベツとベーコンとヒヨコまめが具だ。ソースはいくつからの種類から選べるが、シンプルなペペロンチーノではなく、クリームソースにした。が...美味しくない。3種類の具が申し訳程度にしか入ってないし、ソースが重くて生パスタのモチモチ感に絡むと余計に重くなる。このパスタはミートソースやトマトソースには合うと思うけど、いかんせん作りが雑で、見た目にも食べても美味しくない。家で作る乾燥パスタの方が切れ味が合って、美味しいのは間違いない。ソースの種類なんて選択出来なくていいし、店が自信を持って予め選んでくれたらいい。その分もう少し丁寧に作って欲しいなあ。ま、その辺は沖縄そばと同じで好みの問題だが、生パスタ→美味しい とは限らないことは明らかだろう。もちろんコンタディーナのように、手打ちで美味しいお店も沢山あるだろう。笑っちゃうのはこの店が、デュラムセモリナ粉の生パスタを使用しているのは当店だけ、と謳っている所だ。「だから?」という感じである。まあセット価格が1250円だ。文句は言えまい。(言ってるけど) しかしなあ、ファミレスでも1250円で同じようなものが食べられるなあ。いや、ここはまさにファミレスなんだ。それだったら納得出来る。納得しよう。レジでお金を払っていると、この女の子の名札が「城間」だった。「シェフの名前と同じだね」というと、「このお店ではみんな城間なんですー。シェフも城間じゃありません。内地の人です」だって。 いいの、こんなんで?

茶屋 城間マンナ                                          那覇市寄宮2-5-45                                                                                       098-855-1141

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=fwkb8273-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B005QWQHQ8" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

|

« 舞天 本店 | トップページ | CURE HEART »

コメント

今回もかなり笑わせてもらいました。
自分も気になってた店ですが、まだ一度も入ったことありません…まあ、入らなくてもいいかな(笑)
それにしても名前を店名にするのって流行ってるんですかね!?お前はデザイナーかって突っ込みたくなる。そういった店に限ってどこも評判良くないみたいですがね(笑)

投稿: hahan | 2008年6月17日 (火) 09時09分

いつも楽しみに拝見しています。当方出張族で月に2回ほど沖縄に行っております。沖縄はうまい店が多いので大変参考になります。今回本部が大分県のジョイフルが比較に出るとは・・・。これからも楽しみにしています。

投稿: | 2008年6月18日 (水) 18時03分

的確なコメント、時々ふらっと寄らせていただいて楽しく読ませていただいています。

自分の携帯メモに「しろま マンナ」と意味不明な言葉を発見。もちろん自分で入力したのですが、どういう意味かまったく覚えておらず、検索したら生パスタのお店ということがここで判明。「美味しいから次回のモアイで行こうか」という話しになってたのでしたが、思いとどまりそうです(苦笑)

実は、前回のモアイで行ったお店が大はずれだったので、次でこけるわけにはいかないのです(*^_^*)

口コミ系では大絶賛ですが、たぶん一部の文章力のある方々の称賛なのです。
実際は価格高め、待たされる、味は好みにわかれる。店内はゴチャゴチャ雑然としています。
でも、口コミに引かれてそのお店の料理目当てに全国からお客さんが来るというのです。
県内のこだわりの食材を使ったイタリアンは、シンプルかつ素材を生かした料理のようで通好み。

最高!(口コミ)

ですが、

最低!!(私の印象)

そんな面白い体験をしたお店なので、管理人さん、ぜひ行って、そして本音のレポートを書いて欲しいな~と思ってあつかましくもお願いします。

お店の名前は
てだこ亭
那覇の公設市場の近くにある創作イタリアンなお店です。
夜は人気のため予約した方が入りやすいそうです。


投稿: 守礼 | 2008年7月 9日 (水) 10時50分

守礼さんへ
私も全く同じ意見です
リピーターが多いという口コミに見事にダマされました(笑)
いつも的確なこちらの管理人さんの意見をぜひお伺いしたいものです

投稿: butchi | 2008年10月25日 (土) 12時55分

今回の記事、読みながら笑ってしまいました。
だって、私の感想とほんと一緒なんですもの!!
ほんと、このお店、やたら大げさな上りを出してる割には、味の方が・・・伴ってません。
パスタには本気でがっかりでした。
生パスタとか以前の問題です。
ソースの作り方を勉強してほしいです。
これなら、私が作ったほうおいしいです。
このお店に何で人が集まるのか不思議でなりません。

こちらのブログ、とっても参考になるので、これからも楽しみにしています。

投稿: ぽん | 2008年11月 9日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/21666602

この記事へのトラックバック一覧です: 茶屋 城間マンナ:

« 舞天 本店 | トップページ | CURE HEART »