« 牛特 | トップページ | 東大 »

2008年4月29日 (火)

浦添そば

評価 6

入店日時 平成20年4月26日(土)午後3時半頃 過去入店回数 なし

戦争の激戦地、嘉数の丘の下、伊祖トンネルの手前のバイパス沿いにある。 車だと、結構スピードがノる辺りなので、最初からこの店に行こうと思っていなければ、「あ、こんなところにそば屋が、あーっっあっ」と通り過ぎてしまうだろう。この日は牧港に用があってバイパスを走っていたが、空腹だったのと、たまたま左車線を走っていたので、気が付いたときには駐車場に車を止めていた。昼下がりなので、客は誰もいなかった。店内はわりかし広い。食券を最初に買う方式だ。あまりに空腹すぎてソーキが重たく感じたので、「浦添そば」にする。だいたい店名がついているのは「沖縄そば」だ。所在なく手のひら等を掻いていると、すぐにそばは運ばれてきた。3枚肉とロース肉が1枚づつ載っている。なかなか太っ腹だ。出汁を啜る。しっかりした味付けだ。あじくーたーの部類に入るだろう。しかしこの日、空腹だったため、この濃い目の味付けが妙に美味しく感じてしまった。出汁は豚骨ベースだと思う。麺は黄色くて八重山麺みたいだが、それほど歯切れがいいわけではなく、もちもち、いや、もそもそしている。全体的に作りが荒い気がするなあ。 「おもろそば」が消えて以来、久しくそばを食べていなかったから、ちょっとそばに対する味覚が鈍ってしまった気もするが、やはり少し塩気が強い気がする。食べた後に少しお腹がもたれてしまった。そば以外に定食などのメニューも充実している。ファミリー、もしくは近辺の労働者向けだろう。特に特筆すべき点もなければ致命的な欠点もない。ああ、こういう店が一番コメントしずらいのだ。

浦添そば                                               浦添市伊祖4丁目8-3                                      098-879-3170

オキナワ 沖縄戦と米軍基地から平和を考える—岩波DVDブックPeace Archives

|

« 牛特 | トップページ | 東大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/20629361

この記事へのトラックバック一覧です: 浦添そば:

« 牛特 | トップページ | 東大 »