« 波蔵 | トップページ | 京彌 »

2008年2月18日 (月)

おもろ殿内

評価 7

入店日時 平成20年2月7日(木)午後8時半頃  過去入店回数 なし

新都心に付け焼刃っぽくはありながら、いい感じの店がある。近くに行くと、見方によっては重厚な感じもする。ただの居酒屋だと思っていたが、看板には「泡盛と創作うちなー料理」とある。メニューを見ると比較的リーズナブルなので、上品な居酒屋料理ということか。ワンランク上をアピールしているのか化粧室に行くと、アメニティが充実してて気持ちがいい。が、酔ってしまっては綿棒で耳の掃除をする人などいないだろう。いや、むしろ多くなるのだろうか。この日は会社の比較的公式な飲み会だったので、それほど楽しいものではない。しかし予め注文されていたのであろうコース料理はなかなか美味しく量も充実していたので、お陰で和やかないい飲み会となった。もっとも数少ない喫煙者である我輩は縦長テーブルの隅でまるで社会の落伍者であるような扱いを受け、小さくなっていたのだ。(うそ) 料理は色々あるのだが、特質すべきは刺身の新鮮さと、締めのジューシーとアーサ汁だった、特にジューシーは立派なお茶碗に丁寧に盛られていて、今まで食べたジューシーの中で最も美味しいと思った。失礼ながら、あまり期待していなかった分だけ余計にそう思ったのであろう。軒先ではストーブを傍らにおいている他の客もいる。これから暖かくなってくると、外で飲むのも気持ちがいいだろう。木材をふんだんに使った店の作りは観光客にも喜ばれるのではないか。宴席が細かく分かれているので、周りの客も気にならないし、落ち着いた雰囲気で飲めると思う。接客も感じが良くて、ソツがない。自腹ではなかったせいか、特に目に付く否が見当たらなかった。ワリと使える店だと思う。 

おもろ殿内                                              那覇市安謝1-2-3                                          098-866-7395

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=fwkb8273-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B005QWQHQ8" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

|

« 波蔵 | トップページ | 京彌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/10599650

この記事へのトラックバック一覧です: おもろ殿内:

« 波蔵 | トップページ | 京彌 »