« 栄町ボトルネック | トップページ | 我部祖河食堂 »

2008年2月21日 (木)

ラーメンさんぱち

評価 6

入店日時 平成20年2月20日(水)午後2時半頃 過去入店回数 1回

「おもろそば」が消えた。その衝撃的な出来事はある冬の日突然起きた。いつものように遅い昼食を取りに店の前に行くと、沖縄そば屋の面影もなく、ラーメン屋になっていたのだ。「え?」 自分の目を疑った。どこかに移転したのだろうか。でもその案内はない。新しい店は「ラーメンさんぱち」とある。県内にも何店舗か既に展開している北海道のチェーン店だ。札幌に行った時、「味の時計台」同様あちこちで見かけたので覚えている。首里の坂下にあった店がなくなっていたので、こちらに移転ということなのだろう。それにしても何故だ。経営が苦しかったのだろうか。言ってくれれば毎日でも行ったのに。久しくP-Timeの食堂に行っている間に消えてしまった。「すまぬ。」 もっと早く気がついていれば、会社の人間でもっとこぞって行ったのに。「さんぱち」の主人に聞くと、「移転ではなく、店自体をやめたんだと思う。」と言っていた。細かい視点で見ていたつもりの自分が恥ずかしい。そこまで経営が苦しかったとは。何故気がつかなかったのだろう。それなりに繁盛しているものと思っていた。出来れば最後に食べに行った午後に言って欲しかった。「実は...私たち、お店を閉めることになったんです。だから、あなたにお店を引き継いで欲しいの!」と。 そんな話があれば、今頃「新おもろそば」として、出汁にこだわるそば屋の頑固オヤジとしての自分があったかも知れない。

それはともかく、「ラーメンさんぱち」である。味についてはここで語らない。あくまで仕事場に近いランチとして評価する。最近「おもろそば」に行かなかった原因のひとつとして、ラーメンの「シーサー亭」に通っていたこともある。食券のわかり難さや、意地でもセルフでやろうとする意固地さ以外はまあまあかなと思っていた。そこに新しいラーメン店の登場である。新都心らーめん戦争勃発である。種類は圧倒的にさんぱちの方が豊富である。全国チェーンの強みにモノを言わせている。ここはちゃんとラーメンを運んできてくれるし、自分で下げなくても良い。お絞りも出てくるし、セットのバリエも多い。喫煙である。ランチを考えるとこちらに軍配が上がろう。ただ、それだけである。でも夜も来たいとは思わないな。所詮は化学調味料で作られた人工の味である。ま、店の前に出し骨の臭いが漂っているどこかの店の方がいいとも思わないが。

それにしても「郷土おもろそば」。ニューヨークに旅立った友も、最後に食したがっていた。さんぱち ならひょっとすると彼の地にもあるかもしれない。

ラーメンさんぱち                                           那覇市おもろまち4-7-18

【ラーメン詰合せ】全国繁盛店ラーメン乾麺 20食

|

« 栄町ボトルネック | トップページ | 我部祖河食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/10644579

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンさんぱち:

« 栄町ボトルネック | トップページ | 我部祖河食堂 »