« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

波蔵

評価 6

入店日時 平成20年1月29日(火)午後2時頃 過去入店回数 なし

この店の前の泊大橋に続く道は、日中でも比較的よく通る道であり、好きな道の一つだ。晴れた日は慶良間や那覇市の眺望が素晴らしい。この店の存在は随分前から気になっていたが、駐車場が狭くいつも空きスペースがないので素通りしてきた。「なみくら」と読むものと思っていたが、「なみぞう」らしい。2時で一旦昼の部は閉店らしく、先客は座敷席に1人いるだけだった。メニューが見にくく選ぶのに時間が掛かったが、結局「塩ラーメン全部のせ」850円にした。ワリと高い。細麺らしく茹で上がりが早いので、大して待つこともなく運ばれてきた。スタッフのユニフォームの背中に「武蔵家」とあるからきっと系列店なんだろう。ま、「武蔵家」にも行ったことがないので関係ないのだが。「クサい。」 これが第一印象だった。店からもこの臭いは感じたが、実際ラーメンからも臭う。苦手だ。東京の有名店「まっち棒」と全く同じ臭いがする。この臭いは何なのだろう。自分的には仕込みの雑さからくる出汁骨の臭いだと思っているのだが。まあ強烈!というほどではないから食べるのに支障はない。器の周りが全て海苔で囲まれていて迫力だ。ツユに浸した海苔でご飯を食べたくなる。実際ライスを注文しようか迷っていたが、壁に「2時まで替え玉1回無料」の張り紙が見えたので、ライスは我慢し替え玉を注文することにした。時計を見ると1時55分だ。麺を食べるペースが例によって速くなる。麺は大好きな「一蘭」の麺にそっくりの極細麺で、硬めに茹でられていて美味しい。いや、麺は美味しいぞ。しかしスープがいかん。少ないし塩辛い。自分の体調のせいかもしれないが、それにしても濃い。

大昔、確か小学生か中学生の時に読んだ漫画「包丁人  味平」にこんなシーンがあった。不思議とそのシーンだけ妙に印象に残っているのだ。ある頑固オヤジが一人で作っている食堂で、工事関係者風の2人組がラーメンとカレーを食べながら「マズい、マズい」と騒いでいた。オヤジが「迷惑だから静かにしてくれ。」と頼むと、マズいからいけないんだと余計騒ぎ出した。で、オヤジが「じゃあもう1回同じものを作る。それを食べて、もし <ウマい>という言葉を発したら、お代はいらねえから即出てってくれ。」とタンカを切ったのだ。で、結局その労働者風2人そろってカレーとラーメンを食べ、「う、うめえ...。」 と思わず唸ってしまうのだ。「な、なぜ?」と不思議がる労働者にオヤジは「あんた達は汗をかいているから塩気を強くしたのさ。」と種明かしをするのだが、なぜ最初からそう作らないのか?という疑念を解く理由は忘れてしまった。まあラーメンやカレーごとき、客の様子をいちいち見て作っていたらたまらない、ということだろう。しかしこのストーリーのことはずっと記憶に残っていたが、イマイチ釈然としない。汗をかくと濃い味を美味しく感じるのだろうか。確かなことは言えないが、では暑い地方は塩気が強くて、寒い地域は薄味なのだろうか。必ずしもそうではない気がする。いや、むしろ逆の場合も多いのではないか。例えば東北地方は一般に濃い味だし、逆に沖縄料理が塩辛いというわけでもなかろう。汗をかくとカラダが塩分を必要とするのは分かるが、濃い味をより美味しいと思うのか。何を言いたいかと言えば、この塩ラーメンを塩辛いと感じるのは、我輩が発汗していないからであろうか、ということである。食べ進むうちにだんだん暑くなって発汗はしてきたが、だからといってより美味しく感じだしたというわけでもない。むしろ塩辛さに発汗しているような気もし、いずれにしてもよくわからないのだ。

とにかく、麺は好みだが、スープは自分にとっては若干塩辛いということが言いたい。まあ文句をいいつつも、替え玉を頼んだのだが。で、「全部のせ」だからトッピングも充実している。チャーシュー、海苔、煮卵、青ネギ、クラゲ、梅などなど。ああ、これだから太るんだなあ。全部のせ+替え玉。ラーメン食べると1年寿命が縮まる気がするのは我輩だけだろうか。うしろの百太郎みたいだなあ。罪悪感がまた新たな食欲を呼ぶ。

波蔵                                                  那覇市辻2-28-9                                         098-862-1806

包丁人味平 (5) (集英社文庫―コミック版)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ch桜n

評価 7

入店日 平成19年1月23日(水)午後8時頃 過去入店回数 なし

随分辺鄙なところに変な名前の店があるなあ、とカネガネ思っていたが、「北海焼き」という看板に誘われこの日初めて訪れた。ラム肉。突然無性に食べたくなるものの一つである。ジンギスカンは北海道で何回か食べたことがあるが、札幌の専門店で食べた「サフォーク種の生ラム肉」があまりにも衝撃的に美味しかったので、それから一気にラム肉好きになってしまった。多分言われないであろうが、もし好きな肉を順番に挙げよ、と言われれば、次のようになろう。

①豚肉 ②③鶏肉・ラム肉 ④その他の肉 ⑤牛肉

場合によっては④のその他の肉(馬肉・鹿肉・鯨肉ほか)が上位に来ることもあるが、いつも安定して食べられるわけではないので、この位置だ。 と言うわけで、ラム肉はたまに北海道から取り寄せて食べていた。この日も夕方から発作的に羊肉が食べたくなり、この店の存在を思い出したのだ。 ちゃくらん、と読む。オーナーが北海道の方で、桜が好きで、アイヌの特徴的な発音の一つである「チャッ」という文字をそれに加えたそうだ。何かわかるようなわからないような話ではある。店に入ると簡易な造りながら意外に広いことに驚かされた。 しかしここは食べ放題の店だから、この際店の内装やサービスはあまり問題ではない。我輩はがちまやーであるからして、当然食べ放題、飲み放題コースの選択をなるのだが、3種食べ放題→ジンギスカン・しゃぶしゃぶ・すき焼き を一度に味わってはバチが当たりそうな気がしたので、3種のうちから好きな2種を選べる「桃コース・2種2時間食べ放題・飲み放題コース」 3,480円を注文した。 肉はラム肉とあぐー肉の両方が味わえるなかなか太っ腹な店だ。 酒も生ビール無制限、日本酒、泡盛、ワイン、焼酎なんでもOKだ。コンロがあらかじめ1席あたりに2個用意されているが、3種コースを選ぶともう1個持ってくるらしい。それを2人で食べるとなると慌しいことこの上ないが、2種でもかなり忙しい。ジンギスカンが焼けるのを待っている間に、あぐーをしゃぶしゃぶ。次、ジンギスカン。次、ラムをしゃぶしゃぶ。おっとっと、ジンギスカンが焦げるー。ビールをごくごく。忙しい。食べ放題だと元を取り返そう根性が働くから、いつもより食べるペースも飲むペースも速くなり、結局いつもよりむしろ飲めなく食べられなくなるのだ。悲しい性、貧乏根性丸出しである。ラムは生でも食べられる、とお店の人が教えてくれたので、しゃぶしゃぶ用のを半分ほど生で食べた。臭みがなく、若干ラムの野趣に欠ける気もするが、それでもスーパーにたまに売っているものとは明らかに違う。美味しい。あぐーの脂の美味しさも言わずもがなだ。しかし肉も野菜もいくらでも追加出来るのだが、どれもそれぞれ1回づつ追加しただけでギブである。なんせ肉野菜の他に、ご飯としゃぶしゃぶに投入する麺まで付いてくるのだ。さらに驚いたことにテーブルに日本酒一升、焼酎1本、泡盛1本を持ってきて、好きなだけ飲んでいいという。おいおいさすがに飲めないでしょう。そんなに。持って帰っていいか聞いたが当然ダメであった。結局ビール2杯、ワイン3杯だけである。まあ充分元は取っているけれど、何か損した気になるのは我々だけであろうか。会計は2人で6,960円だった。焼肉の食べ放題だったらもっと安い店はあると思うけど、ラムとあぐーでこの値段に文句はないだろう。店のスタッフも若いが純粋で素直なのに好感を持てた。しかし場所柄あまり期待していなかった分、満足度は高かったが、素材が珍しいということであって、肉や野菜が突出して激ウマというほどでないのが冷静な見方であろう。結局ご飯だけテイクアウトして、突き出た腹を抱えて豊見城から那覇への帰途についた。

北海焼・しゃぶ  ch桜n                                       豊見城市我那覇519                                       098-850-3973

【ソラチ】サフォークラムの高級セット 300g【お肉屋さんより直送】北海道の大自然で育った大変貴重なサフォークラムのセット。最高品種。5000円以上で送料無料!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

若狭パーラー

評価 7

入店日時 平成20年1月25日(金)午後2時頃 過去入店回数 なし

若狭の住宅街に、何故かカウンター式のそば屋が忽然と存在する。駐車場はない。近くの路上に車を停め、誰もいないカウンターに座る。カウンターは外にむき出しになっており、5席しかない。夏は暑くて厳しいだろうなあ。強い雨の日なんかでも簡単に濡れそう。この日は涼しくてむしろ外が気持ちいい。メニューは卵焼きそば、豚肉そば、生卵そば、肉卵そばの4種のそばといなりずしのみ。肉卵そば450円を注文する。や、安い。一番高いメニューである。注文した後、空なんかを見上げてボッーと「パーラーってどういう意味かな?」と考える。「パーラー」。パチンコ屋なんかもパーラーって言うよね。「資生堂パーラー」とか「高野フルーツパーラー」とか。「資生堂パーラー」とこの店は随分違うなあ...。  で、気になって調べると 「1. 洋菓子や飲み物を主とした軽飲食店。 2. ホテルなどの休憩室・談話室。」とある うーん、この店は1に属すのかな。資生堂パーラーなんて結構本格的な料理出すし、イマイチ曖昧な言葉であるな。そんなどうでもいいことを考えているうちに、肉卵そばが完成した。平たく焼かれた卵焼きが中央に鎮座し、肩ソースのブロック肉がいくつか見え隠れしている。フーチバ、青ネギも忘れられていない。まず出汁を啜る。しっかり味だ。このロケーションであるから当然薄味であろうハズがなかろう。納得の濃い味である。うまい。固めの麺とも合っている。さらに卵焼きが香ばしくてこれまたウマい。揚げるように焼いてるのかな。変わった食感でそばの満足感を高めてくれる。そして肉。ソーキではない。まさに肉。ニク。にく。遭えて繰り返す必要もないのだが、脂身が全くない肉は適度に噛み応えがあってしみじみウマい。紅生姜やサービスの漬物をダイレクトに入れ物から出さなくてはならないが、この値段だから文句を言う人もいまい。一人でブツブツ唸っていると、狭い店の真ん前の道に車を停めて客が来た。我輩のカラダに掠りそうだったであるぞ。うーん、ここに停めていいのか。さらにその先に車が停まり、いなりを3個テイクアウトしている。さらにまた一人客が隣に座った。うーん、若狭の住宅街が急に活気を帯びてきた。

若狭パーラー                                             那覇市若狭2-14-16                                                                                    098-861-8861

資生堂パーラー【全国送料無料】スイーツ人気ベスト3のケーキ、チョコ、クッキーのスイーツの詰合せセット資生堂パーラースイーツ詰合せギフトセットB50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

琉球茶房すーる

評価 7

入店日時 平成19年1月9日(水)午後1時頃 過去入店回数 なし

正月明けの挨拶参りの最中、以前から行ってみたかったそば屋でランチをとった。よく通るモノレール沿いの通りにあるのだが、車を止められなくていつも前を過ぎるだけだったが、この日隣の駐車場が空いていたのでそのに車を突っ込むと、お店から人が出てきて手前にある駐車場を教えてくれた。奥の駐車場は関係がないらしいので注意が必要だ。店内は和風カフェっぽい作りで、場所のワリにはゆったりした空気が流れている。半分くらい客で埋まっているが、1人客が多い。確かに1人でも落ち着く雰囲気だ。ゆしどうふが看板らしいが、久しぶりのソーキそばを注文する。名店「淡水」と関係があるのか、麺は「淡水」と同じものを使用しているという。運ばれてきたソーキそばは器が随分小さいと思ったが、よく見ると「淡水」と同じ素材の陶器を使っている。ソーキは小ぶりながらあばら骨付きで4個のっている。淡水ほど鼻を突くほどの鰹出汁の香りはないが、麺は確かに同じだ。この麺は太らない麺だという。ホントかな。ちょうど見ていた新聞が県民の肥満と長寿について警告を発信していて目に止まる。が、取りあえず食べ進む。出汁をすする。淡水ほど上品で奥深い香りはない。塩気も淡水より少し強い。だがこれはこれとして美味しい。うん、美味しいぞ。あっさりしているけど、味はしっかりしている。ソーキも淡水ほど食べ応えはないが、しっかりした味付けでこれまた美味しい。全体的に小振りだが、全体としてのレベルは高い。夢中で一気に食べてしまった。しかしこれといったパンチはない。何だか店もそばもホンワカしている感じだ。お茶やコーヒーがサービスなのは珍しくないが、サーターアンダーギーも食後のお菓子としてサービスされる。量的に物足りない人には嬉しいサービスだろう。この界隈には意外にそば屋が少ないんだけど、1人で落ち着いてランチにそばをという人にはお勧めだ。ランチ時は結構込みそうだから、気だるい昼下がり午後2時くらいがいいだろう。今回は我輩の文も気だるくなってしまった。

琉球茶房 すーる                                           那覇市久茂地3-25-7                                      098-861-5155

NHKスペシャル プラネットアース Episode 2 「淡水に命あふれる」(HD-DVD)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年1月 7日 (月)

富士家

評価 8点 

入店日時 平成2016()午後2時半頃 過去入店回数 なし

珍しく天気が良かったので自転車で波の上神宮に初詣に行った。三ヶ日の人手は相当なものだったはずだが、もう6日なので正月の喧騒から落ち着きを取り戻し、出店の数も参拝者の数も随分減っていた。参拝の後、泊大橋を越え、長い坂道の汗を落ち着かせるために、ここ富士家で休憩することにした。何回か店の前まで来たことがあるが、車を止めるのにえらい不便なので、実は今日が初めてだ。以前近所にも店があったが、今はラーメン屋に変わっている。ここ泊の店が本店らしい。言わずと知れた沖縄ぜんざいの店だ。店内はテーブル席、座敷席、小さい個室とバラエティに富んでいる。懐かしい気持ちになるようなレトロな雰囲気だ。ちょっと男性だけで行くには気恥ずかしい雰囲気だけど。ぜんざいをと思ってきたのだが、少し空腹を感じたので沖縄そば()とミニタコライスを注文した。雰囲気だけの店だと思ったが、さほど待たずに来た沖縄そばは意外に美味しかった。いや、かなり美味しい。()なのに結構大きなトロトロの三枚肉が載っていて、女性だとこのサイズで十分ではないか。鰹出汁ベースで麺は中平打ちの縮れ麺だ。ああ美味しいなあ。タコライスも程よい量で、サルサソースに辛口甘口の2種類があり、自分で好きなだけ掛けられるのが嬉しい。いやいや、そばもタコライスもウマい。結構サルサソースをケチっている店も多く、吉野家なんかでも追加料金が取られるのに、ここは気前がいい。水ではなく麦茶というのも気が利いている。店の接客態度もいいと思う。食後の後に結局ぜんざいを食べたが甘さが抑えられていて美味しいと思うな。メニューも豊富で生姜焼きや唐揚なんかもある。夜は居酒屋としても使えそうだ。似非お洒落なカフェなんかより全然いい。

お腹も満たされたし汗も引いたところで県立博物館に向かう。ここもOPEN当初はかなり賑わっていたはずだが、今は落ち着いている。かなり豪華な建物で、この建築費用に多大な税金が使われたことは想像に易い。相変わらずの箱物行政ぶりだ。国立劇場にしても、この博物館にしても県民が本当に望んだものなのかな。しかも、驚いたことに入館料がエラく高い。中は博物館と美術館に分かれていて、博物館の常設展が400円、特別展が1000円。美術館が1200円。これらのパッケージチケットが2320円。って...おいおい。こんな新都心のど真ん中に博物館おっ建てて、副知事がまたまた天下って館長やって、この料金は何のつもりなのか。 小中学生及び70歳以上は常設展の400円だけ無料? 何てセコい。だったら建物なんかプレハブで、さとうきび畑のど真ん中でもいいから無料にしてくれよ! 冗談じゃないぞ、オイ! しかもだ、何で駐輪場が駐車場より遠いところにあるわけ? これ以上新都心の渋滞に輪を掛けてどうするつもり? 自転車を推奨しておきながら、自転車の安全性とか利便性とか全然考えてないじゃない。 南部のサイクリングロードも中途半端なままだし。県民からこんな高い入館料巻き上げて「文化に触れましょう」って、おい沖縄県立博物館、フザケルな! 結局お手洗いだけ借りて憤懣やるかたなく帰途につきました。

ぜんざいの富士家 泊本店                                                                                                              那覇市泊2-10-9                                                                                                                       098-869-4657

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

不二家 ネクターピーチ350g 缶×24本入

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

那覇そば

評価 6点 

入店日時 平成19年12月26日(水)午後3時頃  過去入店回数 1回

年末も押し迫った忙しない日の午後、遅いランチを取るため選んだのが、 2年ぶりに入るこの店だった。2年前、この店が開店してまだそう経っていない時だったと思うが、たかがヨモギそばを頼んだものの、ゆうに30分以上も待たされた苦い思い出が薄れていたのだろうか。その時も今回と同じような時期時間だったと思うが、他に客がいないにも関わらず、忘れ去られていたわけでもなかろうが、たっぷり30分以上も待たされたのだ。もっとも、店にだけ非があるわけではない。ランチタイムが過ぎればどこの厨房も「締め」の作業に追われ、注文に応じて料理を作る作業は2の次になってしまうことが多い。だから暇な時間帯であろうが、料理が早く出てくるわけではない。この日も「台風カオソイそば」を注文した後15分待った。まあギリギリセーフという感じだ。以前のヨモギそばは平凡な出来であったが,今回のこの料理はスゴい。創作系沖縄そばの範疇を超えている。が1日30食と勿体ぶっているワリには午後の3時過ぎでも食べられるのだから、皆挙ってこれを食べる、というわけでもないのだろう。「台風カオソイそば」。どのようなものかというと、沖縄そばの汁の代わりにタイ風カレーをかけ、さらに沖縄そばの揚げ麺を上に大量にトッピングし、さらに白飯が付いてくるという,まさに炭水化物のカオスなのだ。 一口食べる。ココナッツの聞いた「台風」どころか甘口カレーのまろやかな液体に浸され柔らかくなりながらも微かに香ばしさを残した揚げ麺がウマい。上品な美味さではないが、まあウマいという感じだ。うん、まあウマい。かた焼きそば好きだし。ところが食べ進んでいくと、奥のほうから沖縄そばの麺が大奥のように現れ、人々(及びわたくし)に戸惑いを与える。これをオカズに飯を食わねばならない。「ライス付」を選んだ自分を早くも呪う。 取り急ぎ、揚げ麺、普通麺、飯時々カレーという具合に食べ終えたが、「台風」を謳うんだから、もっと辛くして欲しいなあ。付いてきた豆板醤のようなものを全て投入したが、元が甘すぎてどうにも食べ進むにつれて飽きてしまう。別に激辛好きというわけでもないのだが、「台風」という文字に脳が臨戦態勢を整えていたせいか、少しがっかりしてしまった。関係ないけど、去年タイに行った時、やっぱり思ったほど辛くないので、店の人に「観光化客向けでないもっと本格的な辛さの料理を」とリクエストしたことがあった。その後の結末は語るまでもないだろう。2,3日体がおかしくなってしまったのだ。この時から辛さへの味覚が若干麻痺しているような気がするので、ここの「台風」で十分辛いと感じる人もいるのかも知れない。これでドリンクが付いて950円だった。うーん。この店、綺麗だし駐車場も広いので便利なんだけど、その分高い。全体的に高いな。それと欲張りすぎ。もう少しメニューを絞って食材のロスを防いだ分、50円でも安くして欲しい。イカに客単価を上げようか、という魂胆がミエミエだもん。

那覇そば                                               那覇市金城2-18-7                                        098-857-9504

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »