« Hi-To | トップページ | acco glienza »

2007年12月12日 (水)

nandabar_!

評価 7

入店日時 平成19年12月7日(金)午前0時頃 過去入店回数 なし

フザけた店名である。由来は良く分からないが、店に入って「なんだなんだ!」とうろたえる様な仕掛けはない。しかしまあお洒落である。「お洒落」なんて今更気恥ずかしくてどうかと思うワードだが、あくまで見た目のお洒落さ、ということである。見た目と中身があまりにズレていると、滑稽でしかないのだが、客層はワリとよかったな、多分、ここ。でも「BAR」ではなくて、バブル以前に都内に林立した、口にするだけでも顔が赤くなりそうな「カフェバー」といった方がいい店の作りである。「カフェバー」。懐かしいなあ。表参道の「Keywest Club」とか、飯倉片町の「Prestage」とか、六本木の「クレオ(バラッツィファラオ)」とか行ったなあ。あの頃「クラブ」なんていう用語はなくて、ディスコ、もしくはカフェバーの2通りの遊び方があったなあ。若い人は全く何のことだか分からないと思うけど、まあその頃流行った店の作りに似てるわけで。どうでもいいんだけど。新都心って前からお酒飲むところが少ないから、貴重な店だとは思うな。こういうOPENな感じの店少ないし。週末は明け方までやってるようで、この点も貴重ではあるな。メニューも豊富で、結局タリスカーやボウモアを飲んだんだけど、イカにもサントリーの品揃えでそのバリエの多さに隙はない。フードも豊富で値段も妥当であったな。全方位的な店で誰でも楽しく飲める店だとは思う。入りやすいし。今度は奥のVIP席みたいな席でシャンパン飲みながら多いに騒ぎたい。昔を思い出し、少し恥ずかしく、少し甘酸っぱい記憶が湧き上がった夜だった。「バブルへGO!」見ちゃおうかな。

nandabar !                                                                                                      おもろまち4-8-6                                                                                            098-868-1010

映画「バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式」presents:バブルへGO!!~キラキラ☆ポップ!!

|

« Hi-To | トップページ | acco glienza »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/9364498

この記事へのトラックバック一覧です: nandabar_!:

« Hi-To | トップページ | acco glienza »