« 大門 | トップページ | ちびくろ »

2007年9月18日 (火)

串屋 那覇店

評価 7

入店日時 平成19年9月17日(月)午後8時半頃 過去入店回数 なし

松尾消防署通りにポッツリと佇むこの店は、却って店が全くないこの通りでは目立っている。「こんなところに飲み屋が...」と誰でも思うだろう。最初からこの店が目的でなければ、入ることはないはずだ。台風が先島に近づいているこの日、桜坂で映画を見て、嵐の中飲み屋を求めて彷徨っているうちにここにたどり着いた。「串屋」。ひねりのない店名だが、ひねり過ぎているよりはマシだろう。那覇店とあるから後から調べてみると、宮古や石垣では結構幅広く展開しているらしい。ちょうど雨脚が強まったのと同時に店に逃げ込んだ。雨の連休最終日のワリには客は入っていた。店は適度な照明の暗さと広さで居酒屋としてはワリといい感じである。串屋の名が指す通り、串焼きと串揚げがメインらしいが、その他のメニューも充実している。串揚げを出す店は沖縄では珍しい。生ビールで喉を潤し、カツオのたたき、宮崎地鶏の炭焼き、串揚げ野菜盛りを注文する。カツオのたたきは若干炙りが足りない気がしたが、宮崎地鶏の炭焼きは美味しかった。串揚げも すかさず宮崎の焼酎、心水に切り替える。酒は日本酒・焼酎と、いい品揃えをしていると思う。居酒屋としてはチェーン店らしく、スタッフは比較的多めにおり、呼べば直ぐに来てくれる。雰囲気は沖縄でのモデルケースなのか、りょう次系によく似ている。この後、蒸し鶏とほうれん草の胡麻サラダと、宮古豚の炭焼きを追加したが、量も適当で値段とのバランスが取れていると思った。焼酎を1合しか飲んでいなかったが、空きっ腹だったのか変に少し酔ってしまったのと、カウンター席の座り心地が悪いので、長いは出来なかった。カウンター席の背もたれはない方が、座り心地はいいと思う。テーブルが空いていたのに、敢えてカウンターに通されたのは何か意味があるのかな。空いているなら、客の選択に任せて欲しい。だってそうでしょ。カウンターが埋まっていて、テーブル席が空いていれば、そこに1人客が来ても、テーブル席に通すわけだから。店の思惑通りに客が入ってくるわけでもないし。何にしても、「後の客より今の客」である。

串屋 那覇店                                               那覇市松尾1-21-25                                                                                  098-860-3600

沖縄・美ら島百景 八重山7島を訪ねて

|

« 大門 | トップページ | ちびくろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/7999792

この記事へのトラックバック一覧です: 串屋 那覇店:

« 大門 | トップページ | ちびくろ »