« 珍さんの台所 | トップページ | 舞天 久茂地店 »

2007年8月13日 (月)

一鮮満 三原店

評価 7

入店日時 平成19年8月14日(火)午後9時頃 過去入店回数 なし

新都心にはファミレスのような店があるが、こちらが本店のようだ。寄宮フィッシングセンターとういう釣り船も出している釣具店が経営しているので、釣った魚の持ち込みもOKらしい。(有料) メニューはさすがに魚類が多い。いつもながら生ビールを注文し、生カレイのお造り、テビチ煮付け(最近ハマっている)、地鶏のタタキを豊富なメニューから選ぶ。刺身が美味しいのは当然だが、テビチと地鶏が予想以上に美味しかった。軽く夕食のつもりだったので、生ビールを1杯で切り上げ、飲みきりサイズというオリジナルのシマを頼む。少し中身が足りない気がしたのと、他の客が飲み残したものを足している恐れのある徳利のようなものが気になったが、考えすぎと思うことにする。店内は特に綺麗というわけでもなく、広くも狭くもない。テーブル席らしき席が入り口の近くに1席ある以外はカウンター席と座敷席だけというのは珍しい。フロアは愛想が良く気が利く若いコが一人と、愛想がなく気が利かない若くないコが1名。客は他に2組だけだから店内はのんびりしている。物足りなかったので、何かもう少し食べたい。「白身魚の月桃蒸し・野菜餡かけ」が美味しそうだったので、注文する。出てきた白身魚は大き目の「グルクン」だった。月桃の香りがほのかに漂い美味しそうだ。こういう凝った魚料理を出す店は少ない。淡白なグルクンの身と、酸味が程よく利いた餡が絡み合ってすごく美味しい。酒が進んでしまう。グルクンを蒸して食べるのは初めてだ。最後に寿司のプチ盛り合わせで締めて5千円弱だった。魚を食べたいときに来る店が一つ増えた。

魚彩工房 一鮮満 三原店                                    那覇市三原2-2-1                                         098-832-6777

|

« 珍さんの台所 | トップページ | 舞天 久茂地店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/7537995

この記事へのトラックバック一覧です: 一鮮満 三原店:

« 珍さんの台所 | トップページ | 舞天 久茂地店 »