« 島菜 | トップページ | 一鮮満 三原店 »

2007年8月11日 (土)

珍さんの台所

評価 6

入店日時 平成19年8月9日(木)午後9時半頃 過去入店回数 10回以上

開店当初は自分がまだあまり他の店を知らないこともあって、よく通っていた。家の近くだし。当時はいつも空いていて、注文した料理がすぐに来るのが気に入っていた。中華っていうのはやっぱりスピードが大事だし。ビールのツマミも充実していて、以前「支那竹」を注文したら、改めてごま油で炒めて出して来たので感心したものだ。しばらく足が遠ざかっていたが、久しぶりに行ったら結構混んでいて驚いた。ここは「ごちそうらーめん」とかいって、具がたっぷりのラーメンがウリらしいのだが、それ以外のメニューも結構充実している。ボリュームたっぷりのセットメニューも多い。が、メタボが気になるので、グッとセットメニューを堪え、単品で坦坦麺を注文する。以前この店は料理をスタッフが運んで来たときに、「ご注文の商品お待たせしました」というのが非常に不快だったが、注意してみていると直っているようだ。ご意見箱に3回連続でそのことを注意したからかも知れない。なかなか料理が来ないので、厨房を除いてみると、2人しかいない。忙しそうに鍋を振るっている。「珍さん」らしき人はいない。先にいた客にも料理が来ていなかったらしく、自分の周りを料理が通過していく。お腹が堪らなく空いてきた。単品で注文したことも後悔している。自分の中で「追加注文」と「メタボ」が戦っている。厨房からは香ばしい匂いや煙が飛んでくる。結局「メタボ」が負け、スタッフを呼び「今からAセットに出来るか」聞いた。「Aセット」とは餃子(3個)と半チャーハンのセットだ。不幸にも「出来る」とのことだ。それからさらに10分ほど待って、「坦坦麺のAセット」が運ばれてきた。一度に来客が集中したのか、20分以上待たされた。食欲が限界まで膨らんでいたので、一気に爆発する。坦坦麺→チャーハン→坦坦麺→チャーハン→餃子の順で摂取していく。餃子は具だっぷりで1個でもかなりボリュームを感じる。坦坦麺は辛くなく、ゴマのこってりした香ばしさと甘いひき肉がさらなる食欲をそそる。チャーパンは油が多い分、ハラハラしてて鉄鍋の香りも香ばしい。そう、何を食べても結構美味しい。でも他の店と比較して特に秀でた点はない。そもそも「中華料理」自体、日本人にとってワリと「何を食べても美味しい」料理なのだ。個人的にも中華が一番好きということもある。この店は「腹を満たす」には十分な店だし、気軽に行けるから地元の人には価値がある店だとは思う。そう、まさに中華のファミレスなのだ。 そうそう、入りにくい駐車場は改善すべきだろう。 頑張れ珍さん!

珍さんの台所                                             那覇市字国場1034                                        098-836-6602

|

« 島菜 | トップページ | 一鮮満 三原店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/7481663

この記事へのトラックバック一覧です: 珍さんの台所:

« 島菜 | トップページ | 一鮮満 三原店 »