« コンタディーナ | トップページ | 島菜 »

2007年8月 8日 (水)

Chocolet's

評価 6

入店日時 平成19年8月6日(月)午後8時頃  過去入店回数 6~7回

地元の店である。近所で軽く、というとこの店か「凛」ということになる。完全「和」な「凛」に対してこの店は「ソウルフル」な店である。しかし長田という中途半端な場所にあるから、ダーツもあればTVも付いてたりして、やっぱりローカルな雰囲気になってしまう。客は殆ど常連客で構成されているようだけど、我々は常連ではない。数回も行ってるんだけど...。店側からも違和感があるようで、あまり必要以上には寄ってこない。これはいい。店の人と仲良くなると、居心地が良くなることが多いけど、反面煩わしい時もあるのだ。だから結構通いながらも店の人と一定の距離を保てるのはいい。この店を気に入ってるのは、結構食べ物も美味しいのだ。揚物が若干多い気はするが、ありきたりのメニューではなく、「これって美味しそう」的なものだ。この日は、テビチのガーリック塩焼き、牛肉のタタキ・サラダ添え、餃子、イカの一夜干し、漬物盛り合わせだ。まあこう書くと普通の居酒屋と変わりない気もするが、メニューは黒板に書かれていて毎日変わるのだ。生ビールを2杯飲んだ後、シマーに切り替えたが、あまり手持ちがなかったので2合だけ菊の露を頼んだ。店は広くないが、照明が暗い店だから結構落ち着いてしまう。客は我々の他に1人客がカウンターにいるだけだったが、後から随分うるさい、というかかなり迷惑な客が入ってきた。よく見ると先日の「ぐるくん」で他の客の迷惑を顧みず、カラオケを離さなかったとんでもない輩だ。1人客に「ぐるくんに行こうぜー」と絡んでいる。悲しすぎる。意識を向けないようにするが、必要以上に大きな声で喚いているので、どうにも気になってしまう。店の人も迷惑そうだ。こういう場合はどういう風に対処したらいいのだろうか。面と向かって注意すると、双方とも酒が入っているので大乱闘ということにもなろう。音もなく後ろから近寄って泡盛のビンで後頭部を殴ろうか。いや、死んでしまうかもしれない。諦めて仲良くなって一緒に騒ぐか。いや、それじゃヤケクソだ。やっぱり静かに店を去るのがオトナなんだろう。そんなことを考えていると、向こうが疲れたのか、こっちが慣れたのか、それほど気にならなくなってきた。他にも客が入ってきたこともあろう。この日は飲むペースが遅く、2合飲むのに2時間くらいかかった。気がついたら0時近い。でも月曜日に飲んで帰ると、その1週間は不思議と短い、気がする。

Chocolet's                                               那覇市長田2丁目4-15                                      098-836-6966

フリー・ソウル クラシック・オブ・マーヴィン・ゲイ

|

« コンタディーナ | トップページ | 島菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/7462540

この記事へのトラックバック一覧です: Chocolet's:

« コンタディーナ | トップページ | 島菜 »