« あだん | トップページ | 青島食堂 »

2007年7月25日 (水)

かんざとや~

評価 7

入店日時 平成19年7月24日(火)午後9時半頃 過去入店回数 なし

久しぶりの新規店更新である。実際に飲み歩いていなかっただけで、更新をサボっていたわけではない。三原から大道に抜ける通り沿いに、ちょっと雰囲気のよさそうな気になる居酒屋があったので、夕飯目的で行ってみた。いつものように通る道沿いにあるのだが、前を通るたび車内から見る店内はいつも客がそれなりに入っている。言っちゃ悪いが、この界隈にある居酒屋の中には"No Guest"という店も少なくないだろうに、「多分いい店なんだろうなあ」と直感が働く。店内は狭くて少しゴチャゴチャした感じがあるが、落ち着いた感じもする。窓際に席を取れればベストだろう。カウンターにTVがあるのが店のしっとり感を壊している気がするが、一人客には気紛れに必要かも知れない。4人掛けのテーブル席が2つ、カウンターに5人座れば満員だが、この日もテーブル席に2組、カウンターに2人が陣取っていた。カウンターの端、TVの前に座ってまずは生ビールを注文する。カウンターといってもカウンターの前で板前が魚を捌いていたりするわけではない。壁に掛かっているポスターとかリトグラフなんかをボーっと眺めたりする。店は手作り感が漂う。TVではロンドンブーツが毒の効いた声でガナっている。が、彼らは嫌いではない。日本代表の試合なんかやっていると、狭い店だから一体感を感じながら熱が入るかも知れない。おおっと、何か食べるものを注文しよう。牛肉のカルパッチョ、グルクンのお造り、ちくわチーズ揚げを注文する。お腹が減っていたので、それらを一気に食べ、納豆入りお好み焼き、漬物盛り合わせを追加する。グルクンの頭と骨は後から唐揚げにしてくれた。メニューは取り立てて変わったものはなく、料理自体もさほど美味しいわけではない。自家製感に乏しく、結構出来合いなんか多く使ってそうだ。でもグルクンの刺身があるのは沖縄でも珍しい。グルクンの唐揚げとかは珍しくもないが、足が速い魚なのでちょっと気の利いた店でないとおいていないことが多い。ビールを1杯で切り上げ、島酒にする。仙華がボトルで980円だ。安い。ツマミが安いと、酒を高めに設定して調整する店が多いんだけど、ここはフードもドリンクも両方安い。フードの中心価格が290円だ。こういう店だと頑固オヤジが「安い酒飲ませってやってんだからな!」的な雰囲気を醸し出していたりするんだけど、ここはオヤジは厨房から出てこない。変わりに奥さんだろうか、感じのいい女性が接客している。特に愛想がいい、というわけではないんだけど、付かず離れずの感じがいい。カウンターに置かれている知恵の輪なんかをやっていると、ヒントをくれたりする。

そう言えばグルクンで思い出したけど、先日家の近くの「ぐるくん」という居酒屋に行った。店名から活きの良さそうな感じがしたのだ。しかし、グルクンはなく、店主が前の日に釣ったというマグロが500円で食べ放題だった。この店を更新しなかったのは、「カラオケ」なのだ。小料理屋なんかにカラオケが置いてあることは多い。この店においてあることも違和感はなかったけど、驚いたことに客がそれぞれの席で談笑している中、それをぶち壊すかのように突然歌いだす輩がいるのだ。これには閉口した。カウンターにそれぞれ1人で来ていた客が、2人でまさに「カラオケ合戦」しているのだ。それも昔のブラザートムとか、アリスとかとんでもない古い歌を。このカラオケが場末感を出してしまっていた。帰りがけに、カウンターで仰け反りながら歌っているそいつのコメカミに肘を入れて帰ってきたのだが、その店に行った後悔は消えなかった。

0時になろうとしていたので会計すると、3800円だった。安い。静かに安く飲みたいなら、この店はお勧めである。最後に頼んだ焼きうどんが出てこなかったけど、それで良かったのかもしれない。随分食べてしまったので、明日は自転車で会社に行こう。

かんざとや~ 

|

« あだん | トップページ | 青島食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/7269555

この記事へのトラックバック一覧です: かんざとや~:

« あだん | トップページ | 青島食堂 »