« 寄宮レストラン | トップページ | かしわ屋 »

2007年5月30日 (水)

zoucafe

評価 7

入店日時 平成19年5月26日(土)午後2時頃  過去入店回数 なし

最近自転車にハマっている。自転車といってもロードレーサーやMTBではなく、折り畳み自転車だ。カッコよくいうとフォールディングバイク。こいつのいい所は疲れたら畳んでバスや車に載せて移動できることだ。ロードレーサーなんかだと輪行でもしない限り、また漕いで帰ってこないといけないでしょ。すなわち往復漕がないといけない。でもこのフォールディングバイクは片道でもいいのだ。だから最近は食べ歩きではなく、自転車を使った島巡りが楽しくて仕方がない。南部1周、伊是名島、伊江島、久高島と立て続けに走ってきた。梅雨入り後の今日は、雨が今にも降りそうで遠出は出来ない。そこで那覇市内を散歩することにした。与儀公園-壷屋-平和通り-国際通り を疾走し、モノレールの下にあるお洒落なこのカフェでランチすることにした。この店の前の通りは空港に行く時によく走る道なんだけど、今までその存在に気がつかなかった。シンプルで、落ち着いた感じのカフェだ。もちろん食事もしっかり出来る。「オムライス」を頼んだ。店はオープンな感じで外に並べて駐めた自転車がよく見える。この店の雰囲気と自転車がよくマッチしている。

中学生の頃、自分だけではなく世間的にブームだった記憶があるが、やはり自転車にハマっていた。江ノ島や相模湖あたりまでサイクリングもしたが、あの頃は自転車のパーツをいじるのが好きだった。ディレイラーをカンパにしたり、デュラエースにしたり、サドルを交換したり、ベースは「ロードマン」の最下級モデルだったけど、フレーム以外はほとんど手を加えた。しかし高校生になるとスポーティな自転車が気恥ずかしくなり、お袋の乗っていた「ママチャリ」に乗るようになった。それから自転車への興味は薄れていく一方だったけれど、最近またぶり返して来たのだ。が、今度は自転車自体にはあまりこだわらない。その使い方にこだわるのだ。那覇の街は自転車で走るには不向きだ。道は狭いし車の運転マナーも良くないので危険を感じる。逆に平和通りや壷屋あたりだと歩行者が多くて気を使う。県のHPを見ると、玉城から首里へとつながる自転車専用道が今年には完成しているはずだが、財政難からほとんど進んでいないようだ。新都心あたりは歩道が広くて自転車も走りやすいが、本来自転車は車道を走るもの。渋滞緩和を訴えるなら、短距離バスを走らせるだけではなく、自転車が走りやすい道が欲しい。沖縄は平野部が少ないから自転車にはキツいアップダウンが多いけど、最近の自転車の性能や電動アシスト付なんかを考えると結構有効な移動手段ではないでしょうか。まあ正直言うと、自分がもっと安全に、早く走りたいだけなんだけど。それでもこの店まで道のりは、普段通る道ではあったけど、車とは違うスピードなので、目に入るものも新鮮でウキウキする感じだ。島巡りもいいが、街乗りも悪くない。そんなことを考えながら店にある雑誌をめくっていると、オムライスが運ばれてきた。中華料理屋なんかにあるオムライスとは違い、なんかお洒落だ。が、量は少ないというわけではない。我輩でも満腹になったくらいだ。店の前に育ててあるハーブを使っているのかオムライスにも仄かな緑を感じる。美味しい。食後のコーヒーにシフォンケーキが付いてきた。これも美味しい。店はお金をかけた作りではないが、オーナーのセンスと優しさを感じる。一人で本を読んでゆっくり過ごすのもいいかもしれない。が、駐車場がないので、自転車で来るべきだろう。

平和な午後、満ちたお腹を軽くするため自転車でもう少し走ることにする。天気も心なしかよくなった気がした。

zoucafe                                                那覇市牧志2-23-6                                        098-894-3927

|

« 寄宮レストラン | トップページ | かしわ屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/6595053

この記事へのトラックバック一覧です: zoucafe:

« 寄宮レストラン | トップページ | かしわ屋 »