« そば to そば | トップページ | よね食堂 »

2006年11月27日 (月)

SAKURA

評価 7

入店日時 平成18年11月25日(土)午前1時半頃 過去入店回数 なし

以前コスコスってレゲエバーの跡に何故かつけ麺屋が出来た。とってもつけ麺屋とは思えないロケーションと入り口にまずたじろぐ。酔っていると入り口に頭をぶつけるだろう。店の中はまんまバー。カウンターの他にテーブル席と穴蔵の座敷?席がある。バーとしても使えるし、ラーメン屋としても使えるだろう。が、シラフではちょっとビビるはずだ。店のウリのつけ麺とラーメンを注文。久しぶりの飲んだ後のラーメンだ。客は酒を飲んでいる2組と、つけ麺を食べに来た1人客。我々の後に4人組という客が表れたが、スープがもうないと、店の人が断っていた。午前2時で閉店らしい。桜坂のど真ん中にあるわりには早い閉店時間だ。ラーメンとつけ麺が来た。つけ麺は具が別の皿に盛られている。スープはかなり濃い色をしている。飲む。美味しい。かなり和風な味だ。いりこだろうか煮干だろうか、かなりインパクトがある。カウンターにはいりこの粉末が置かれている。物足りない人は、これを更に入れろということか。メニューをよく見ると、鶏がらや野菜をベースに、このいりこの粉末をスープに溶かしているらしい。結構後を引く味だ。麺はかなり太麺。コシがあって美味しい。スープとの相性もいいと思う。具はゆで卵、根昆布、チャーシュー、ゴーヤと玉ねぎの薄切り、支那竹だ。ラーメンにはさらに海苔が2枚トッピングされている。飲んだ後だからであろうか、かなり美味しく感じた。店員が「武蔵家」のTシャツを着ていたので、最近積極的に沖縄に展開している東京・吉祥寺の「武蔵家」の系列なのだろう。随分思い切った場所で営業を始めたものだ。片づけを始めている店を後に桜坂をそぞろ歩く。ああやってしまったという後悔と、満足感が心地いい。誰もいない壷屋の石畳に足音が響き渡る。

SAKURA                                               那覇市牧志3-9-27

|

« そば to そば | トップページ | よね食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/4330335

この記事へのトラックバック一覧です: SAKURA:

« そば to そば | トップページ | よね食堂 »