« 宜保食堂 | トップページ | 月桃 »

2006年10月23日 (月)

てんぷす

評価 7

入店日時 平成18年10月21日(土)午後1時半頃 過去入店回数 なし

琉球大学が見渡せる浦添市と西原町の境目、前田の高台にポツリとある。店内はいたって普通で女性が2人で切り盛りしていた。そばは、沖縄そば、ソーキそば、てびちそば、野菜そばがラインナップ。ソーキそばとてびちそばを注文すると、ソーキそばだけ「鰹出汁か豚骨出汁か。」聞かれた。てびちそばは豚骨に決まっているらしい。個人的にはそれらをいい塩梅にブレンドして欲しいのだが、あっさりかこってりか選べても、鰹か豚骨か聞いてくるのは初めてだった。テーブルの上にはフーチバが山盛り用意されている。そばを待っていると、サービスだといなりを持ってきてくれた。かなりお腹が空いていたので、喜んで食べた。そばが運ばれてきた。てびちそばの出汁は若干白濁している。鰹出汁のソーキそばは透明だ。大きなソーキが3つ載っている。早速出汁を啜る。うん、美味しい。固まってしまうほどの衝撃はないけど、素直に美味しいと言える優しい味だ。塩気が割りあいしっかりしている。麺は亀濱製麺だろうか、コシのある細麺でこちらも美味しい。てびちそばは器からしてとっても大きくて、中味も器どおりに沢山入っているようだ。本ソーキも美味しいなあ。半分くらい食べ進んだところでフーチバを投入。すると余計食欲が増して一気に食べてしまった。鰹出汁と豚骨出汁を飲み比べたが、最近食べているそばは殆ど鰹系なので、豚骨が少し臭く感じてしまった。が、しつこいという感じはなく、丁寧に灰汁と油を抜いているのがよく分かる。全部食べ終わったところで島ぜんざいを注文。こちらも黒糖を使った雪の様なぜんざいで美味しかった。全体的に他店と比べて秀でた特徴はないけど、仕込みをキッチリやっているなというのが分かる。てんぷすとは沖縄の言葉でヘソの意味。

てんぷす                                               浦添市前田1531-8                                        090-7585-7218

|

« 宜保食堂 | トップページ | 月桃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/3925652

この記事へのトラックバック一覧です: てんぷす:

« 宜保食堂 | トップページ | 月桃 »