« 御殿山 | トップページ | 亀かめそば »

2006年10月 6日 (金)

通堂

評価 7

入店日時 平成18年10月3日(火)午後7時頃  過去入店回数 2回

カップラーメンや新横浜のらーめん博物館にも出店したことのある沖縄の超有名店。「通堂」とは那覇フェリーターミナルがある地名なんだけど、店は何故か小録にある。居酒屋「りょう次」や「わたんじ」と同系列。後で聞いた話だが、戦前栄えた港町「通堂町」をイメージした店の作りらしい。沖縄そば全盛の中で、根強いファンを持つ名店である。ここではらーめんを「琉球新麺」と名づけてご当地感を演出しているようだ。他にも県内に2店展開している。店に入ってまず食券を買う。つけ麺や辛みそ味もあるが、基本はこってり「おとこ味」とあっさり「おんな味」の2種類だ。彼女は「おとこ味」、自分は「おんな味」を選ぶ。それと餃子だ。カウンター席につくと、目の前で餃子を焼いている。餃子は新入りの仕事なのか、イマイチ焼く手付きが危なっかしい。各席にはピリ辛もやしと大根の酢漬けが2種類口直しとして用意されている。お腹が減っていると、ラーメンが来る前にこれをかなりの量食べてしまう。が、こういうのが食べ放題というのは嬉しい。程なくして餃子とラーメンが同時に運ばれてきた。「おとこ味」は白濁豚骨系で、「おんな味」は鶏がら透明系のようだ。スープを啜ってみる。うん、美味しい。あっさりではあるが、しっかりとした味付けで、まさに「おんな味」という名の通り舌に優しい。後味もスッキリ。「油少な目」にしてもらったので、余分な油も浮いていない。麺は細麺で茹で加減は「固め」にして貰った。「おとこ味」だと「バリ固」まであるのだが、「おんな味」にはそれがない。何でだろう。同じ麺ではないのかな。それはそうと、麺とスープがよく絡んで美味しい。さすが「一風堂」がプロデュースしただけのことはある。もっとも以前「一風堂」を食べたときはそれほど美味しいとは思わなかったのだが。チャーシューや煮卵もちゃんと仕事がされていて美味しい。きくらげかと思ったら代わりに細切り昆布が入っていた。この辺は沖縄らしい。さらにつまみの「ピリ辛もやし」と胡麻を投入し、あっという間に食べてしまった。店内には随分従業員がいる。相当儲かっているようだ。餃子は不味くはないが、いたって普通。沖縄でらーめんを食べる人は、沖縄そばに比べれば圧倒的に少ないけれど、らーめん店も少ないから商売としては十分成り立っていけるのだろう。ま、沖縄じゃなかったらいたって普通の店なのだが...。

通堂町にはかつて鉄道が通っていたと言う。旭橋にある今のバスターミナルが与那原線、糸満線、嘉手納線の起点だったらしいが、旭橋から通堂町まで貨物線が敷かれていたらしい。今となってはその跡形もなく、それを証明する資料も少ないが、戦争によって失われたことだけは我々の記憶に留めておきたい。

通堂                                                  那覇市金城5-4-6                                         098-857-5577

金子賢

横浜ラーメン博物館で知名度をあげた!沖縄のやさしいとんこつらぁめん『通堂』

|

« 御殿山 | トップページ | 亀かめそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/3696624

この記事へのトラックバック一覧です: 通堂:

« 御殿山 | トップページ | 亀かめそば »