« カフェ くるくま | トップページ | CRESCENT LAKE »

2006年9月26日 (火)

ラ・コール

評価 8

入店日時 平成18年9月22日(金)午後8時半頃  過去入店回数 2回

松山の日銀裏手にある、那覇でも本格的フレンチの店。店の作りは那覇で最も本格的なレストランだと思う。ここはサービスがすごくしっかりしている。ソムリエが数人いるらしく、ワインの品揃えも豊富だし、その反面ワインの値段は抑え目で良心的だ。ワインのセレクトをお任せにしても、大体料理と同じくらいの値段で抑えてくれるから、後で目玉が飛び出ることもない。スタッフもベテランが多く、チャラチャラしていないところがいい。 落ち着いたバーカウンターもあって、ここでワインにチーズだけ、という客も少なくないはずだ。反面、料理に今ひとつインパクトが欠けるのが不満である。もちろんフレンチとしては、奇を衒ったところがなく、好感は持てるんだけど、後で何を食べたか忘れてしまうくらい、印象が薄い。特に付け合わせにはもっと手をかけて欲しい。この日はコースだったけど、後で思い出すのに苦労した。

よく食事中にメモを取っているのかと聞かれるが、店では写真もメモも取らない。その分食事に集中したいし、いい料理、いい店、いいサービスは後になっても記憶が薄れないものだ。反面不味い料理、駄目な店、駄目なサービスの記憶も残る。なのでこれらは後でブログの更新を行うときもさほど苦労しない。一番大変なのは、そのどちらでもない、至極平均的な店の場合だ。

アミューズ:ラタトゥイユのカナッペ、前菜:スモークした蛸のサラダ、スープ:松茸風味のフカひれスープ、魚料理:ノルウェイサーモンのナッツ焼き、肉料理:豚ほほ肉の赤ワイン煮

この日の料理はこんな感じだった。食前酒にスパークリングワイン、その後ソムリエが薦める1997年のスペインの赤ワインを飲んだが、まだ飲み足りなかったので、デザートとコーヒーを断って、バーカウンターに移動し、チーズの盛り合わせで赤ワインをもう2杯飲んだ。ここはタバコが吸える。カウンターには男性の1人客と、これから松山にいかにも同伴という男女が1組。色々な使い方が出来る店だ。ただ、あそこの店でワインを飲みたいとは思わせるんだけど、あそこの料理が食べたい、とは思わない。もう少し料理に冒険が欲しいかな。厳しいかも知れないけど。とは言っても那覇では貴重な店である。大事な日に行きたい。

L'ACCORD                                              那覇市松山1-7-1                                           098-860-8777

|

« カフェ くるくま | トップページ | CRESCENT LAKE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54365/3570743

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・コール:

» 沖縄の長寿料理 [秘伝!夢のネット生活♪]
沖縄の長寿の源は、その食文化にあると言われています。この10年の沖縄ブームの大きな柱の一つとして注目を浴びたのが沖縄料理です。チャンプルーに代表される沖縄料理が産み出した長寿の秘訣を覗いて見ましょう。沖縄の長寿のもとである食文化をさかのぼると、4世紀...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 22時33分

« カフェ くるくま | トップページ | CRESCENT LAKE »