« そう゛ぁーじゅ | トップページ | 一方通行 »

2006年8月14日 (月)

千日

評価 7

入店日時 平成18年8月12日(土)14時半頃 過去入店回数 なし

ぜんざいなんて女子供の食い物、なんて今まで口にしなかった。沖縄のぜんざいはあずきじゃなくて、金時豆にかき氷をかけたものだ。すなわち「氷あずき」なんだけど、小豆ではない。金時豆。あずきは好きだけど、金時豆はイマイチ、という人も多い。でもあずきだったら「ぜんざい」じゃあない。とはいうものに、今まで1人で一人前すら食べたことがないので偉そうなことは言えない。言うけど。今日も彼女のをひと口ふた口貰えばいいや、と思っていた。ところが、店に入ると冷房が全く効いてない。扇風機だけだ。堪らず2人前頼んでしまった。出てきたぜんざいは超山盛り。でもとっても涼しげだ。どこからスプーンを入れていいのか分からず、一番下から掘っていく。向こう側が見えるくらい掘っていく。まるで北海道のパウダースノーのように柔らかくフワフワ。エアコンなんかなくても十分涼しい。こんなにかき氷のきめが細かいのは、削り器の刃の鋭さと、氷の硬さが重要らしい。もうこの地で代々40年も営業している証しだ。上の白いパウダー部分は食べ尽くしたが、まだ下に金時豆が沢山隠れている。これは夏バテで食欲のない人にいいかも。海の家みたいな店には次々涼を求めて客が入ってくる。これで300円。向かいのコンビニとはまるで対照的な店だけど、癒しはコンビニじゃ買えない。

お食事と喫茶 千日                                         那覇市久米1-14                                         098-868-5387

|

« そう゛ぁーじゅ | トップページ | 一方通行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そう゛ぁーじゅ | トップページ | 一方通行 »