« 松そば | トップページ | 山葵 »

2006年8月28日 (月)

第五あさひ丸

評価 5

入店日時 平成18年8月27日(日)午後8時半頃 過去入店回数 なし

店名は威勢がいいが、カウンターに座るとネタが少ないのに驚かされる。日曜で河岸が休みだからか、秋刀魚3匹と赤マチとピタロー1匹ずつしか見えない。これじゃあ第5あさひ丸の名前が泣く。取りあえず北海道直送という旬の秋刀魚を刺身と塩焼きで、それと好物の名古屋風手羽先の唐揚を注文。それにしてもメニューが少ない。魚をウリにしてるんだから、もっと魚で勝負して欲しい。秋刀魚の刺身ももう少し冷えていたらなあ。スーパーで買えば100円の魚を800円で出してるんだから、下に氷を張るとかしてもいいのに。それが出来ないならわざわざ北海道から直送させなくてもいい。と、文句から始まったが店内は大きくて綺麗だし、従業員の接客もよく教育されていて、そつなくいい感じだ。が、繰り返すがメニューが豊富で悩むのではなく、少なくて何を食べようか迷う。ビールの後、天狗舞に切り替えたので、もう少しツマミが欲しかったが、結局漬け物とホタルイカになってしまう。これだったら普通の居酒屋でいい。っていうかここが普通の居酒屋なのか。店名から過度に期待大になっている。店内は空いていて音楽がよく耳に入る。60~70年代の懐メロが中心のようだ。それにしても日本酒の出し方をもう少し丁寧にしてくれればいいのに。クーラーくらい用意して欲しい。お猪口はともかく、徳利もいかしていないし。 岡山の翠露が思いのほか美味しく、文句を言いつつも4号飲んでしまう。この後小魚の唐揚とにぎりを少し食べ、会計が1万円を超えてしまった。高いのに驚いたが、ここはレシートにちゃんと明細が書いている。 ...日本酒だけで4680円。 飲み過ぎか...か。 

全国の地魚と酒 第五あさひ丸                                  那覇市壺川204-2                                          098-835-2500 

|

« 松そば | トップページ | 山葵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松そば | トップページ | 山葵 »