« シャロン | トップページ | 鳥光 »

2006年8月23日 (水)

かよい舟

評価 6

入店日時 平成18年8月18日(金)午後8時半頃 過去入店回数 なし

与論島シリーズもこれでおしまい。与論は知ってのとおり沖縄ではなく、鹿児島県なんだけど、沖縄の辺戸岬からも見えるくらい沖縄に近いし、文化や生活様式にも共通点があるので、載せてみました。今回は那覇からフェリーで5時間かかったけど、本部港からなら3時間。たまには船の旅もいいものです。

この居酒屋は茶花の商店街の中心にあるんだけど、中が見えないので入るのに少し勇気がいる。かつて博多の居酒屋に入ったとたん、中の客に全員「何者?」って感じ注目されて焦ったことがあるので、遠征先ではその思いが時々よぎる。ここはドアを開けても誰にも注目されることなく、普通に席に座れた。取りあえずのビールを頼みながらメニューを見る。種類が多い。メニューは土地のものだけでなく、定番居酒屋メニューも豊富だ。しかしここは土地のものを注文する。エイヒレの唐揚は迷わず2つ。スーナの酢味噌和えは絶品。スーナは沖縄では見たことがなかったが、与論の居酒屋にはどこもおいているようだ。海草なんだけど、コリコリしててとても美味しい。チヌモーとティダラの酢味噌はここの看板メニューのようだ。ホタルイカのわさび漬けなんてのもあったけど、何で与論でホタルイカなんだろ。それらを肴に、今日は与論島最終日なので、700mlの有泉を1本。結局2人で空けてしまった。店自体はいたって普通の居酒屋だ。

それにしても今回はプリシアに泊まりながらホテル内でディナーを食べることはなかった。朝食の寂しさに夕食のレベルも想像してしまったのだ。与論でプリシアに泊まる人は多いと思うけど、このホテルはすごく中途半端なホテル。だって、ホテルの敷地にあるビーチのチェアやパラソルが有料だし(2人で1日3000円って)、ホテル内や敷地にワープロで打った張り紙がペタペタで高級感のかけらもないし、チェックアウトが10時で東横イン並みだし、借りたレンタサイクルはメンテが全くされてなく空気も入っていないし、プールが呆れるほど小さいし、趣味の悪い色で歩道がペイントされているし、海を見ながらのバーベーキューやバーも営業していなかったし、数え上げたらキリがない。ホテルの名誉のために言っておくが、いい面も多くある。スタッフはテキパキしているし、冷蔵庫にドリンクが入っていないから敷地内にあるコンビニで買えるし、立地条件もいい。完全なファミリー用ホテルであろう。おっとと、ホテルミシュランになってしまった。

日本の旅館の中には値段は高いけど、風景に溶け込んだ建物、地の物にこだわった食事、付かず離れずの絶妙のサービス、とバランスの取れたところが近年劇的に多くなっている。それに引き換えリゾートホテルの後進ぶりはどうだろう。リゾートとは全くの名ばかりの偽ホテルが沖縄にも沢山ある。8月1ヵ月で1年分の売上を稼いでやろうと思っているのか、法外で粗末なサービス。不味い食事。それに喜ぶ客。日本のリゾートは西洋のそれをマネてみても所詮サルマネにしかならないのか。いや、日本にもクラシックホテルと言われる質の高いホテルはある。が、沖縄にはない。何故だろう。誰も求めてないからだと思う。蒼い海と空と土地の食べ物以外に求めるものがあるはずがない。もう沖縄にホテルなんていらない。

居酒屋 かよい舟                                          与論町茶花35-1                                          97-3189

|

« シャロン | トップページ | 鳥光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャロン | トップページ | 鳥光 »