« 一方通行 | トップページ | パンダ餃子 »

2006年8月14日 (月)

COSI COSI

評価 5

入店日時 平成18年8月13日(日)午後3時半頃 過去入店回数 なし

桜坂劇場のまん前にあるカフェ。可愛いユニフォームを着たイカツい男性2名でやっている。「かもめ食堂」を見に来たのだが、上映まで時間があるのでお茶でも飲もうと入ってみた。狭い店は既に満員。テーブル席が4つと、カタチだけのカウンター席がある。諦めて劇場に戻ろうと思ったが、そのうちの1組が「もう出ますから」と声を掛けてくれた。外は大雨で、劇場には上映を見終わった客が外に出られず立ち尽くしている。店の黒板に、これから見ようとしている「かもめ食堂」の銘をうった、「かもめ食堂の欲張りオムライス」が。これが映画のキーポイントになるのかと思い、注文してしまう。さっきそばを食べたばかりなのに。よく見ると、映画のチケットに「食事付き」があるらしく、この店だけではなく、劇場近隣の店にかもめ食堂の特別メニューがあるらしい。30分ほど待ってオムレツが運ばれてきた。遅すぎる。映画始まっちゃうよー。トロトロの卵の下には、きゃらぶきの甘辛煮、生姜焼き、鳥の唐揚、サーモンが隠れている。何でこの具の組み合わせなのかは、映画を見て分かった。ところでコーヒーのソーサーがやけにザラザラする。触ると埃がベッタリ。「な、何だこりゃ!」 恐らく棚においてある間に溜まったものだろう。皿とかカップは大丈夫なのだろうか。少しゾッとする。男性だけでやっているので、こういう細かいことには気がつかないのか。そう言えばトイレの紙は切れていたし、店も全体的に薄汚れている。白と赤の基調で大胆なデザインだし、料理も美味しいのに、何とも惜しい。 

「かもめ食堂」は思いのほか良かった。客が1人も来ないのに、黙々とグラスを磨いていたサチエが言う。「真面目にやっていれば客はいつか必ず来るから。」 印象的だった。満員になった今でもきっとグラスを磨いていると思う。

Cafe COSI COSI                                                                                              那覇市牧志3丁目2-30渡慶次ビル1F                                                                098-863-8317

|

« 一方通行 | トップページ | パンダ餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一方通行 | トップページ | パンダ餃子 »