« レストラン波路 | トップページ | 田そば »

2006年7月 4日 (火)

お食事処 てっちゃん

評価 6

入店日時 平成18年7月2日(日) 午後12:30頃  過去入店回数 なし

久米島から沖縄本島に向かうフェリーが午後2時出港なので、まだしばらく時間があった。朝はホテルのビュッフェだったので、あまりお腹は減ってなかったが、船の長旅に向かうわけで、イーフビーチ周辺を車で走りながら、良さそうな店を探す。店にメニューのボードが外に立てられているのを見ると、「久米島そば」とキッチリ書かれていたので、この店に入る。チャンプルーや天ぷらなどに心も動かされたが、あまり時間もないので久米島そばを頼んだ。昼のいい時間だったが、店には泡盛を飲んでいる男性が1人だけで、他は我輩だけだ。何だか時間がゆっくり流れている。午前中ははての浜で結構泳いだので、体もけだるくて心地いい。が、そばなのに出てくるのが遅い。15分くらいたっぷり待たされた。この店も食堂というより居酒屋という感じで、夜はきっと地元客や観光客で賑わうのだろう。でもコーレーグースーがないのが、少し寂しかった。久米島そばはやはり沖縄そばと変わりはない。久米島の素材で作れば何でも久米島そばなのだろう。出汁を啜る。ちょっと塩気が強いが、豚骨の出汁もしっかり効いているので、海で遊んだ後には丁度良い。その辺のところを計算しているのであろうか。いや、そんなはずはない。面は平打ちの中麺だが、麺自体に味がないので、濃い目の出汁を丁度いいバランスだと思う。これも計算なのか...。いや、違うだろう。三枚肉は美味しかった。あと蒲鉾。味が濃厚で後を引く味だ。全体的に丁寧に作られていて、専門店と遜色はなかった。あまり期待してなかったので、どの店もより美味しく感じられる。但し、評価はそば限定だし、那覇近辺の標準とも合わせています。

店の外に出ると、午後の日差しがまだまだこれからだとでもいうように、原色の風景を更に強く照らしていた。美しい島、久米島への小旅行ももう終わりを迎えようとしていた。

お食事処 てっちゃん                                        久米島町比嘉160-59                                        098-985-7713

|

« レストラン波路 | トップページ | 田そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レストラン波路 | トップページ | 田そば »