« きしもと食堂 八重岳店 | トップページ | 淡すい »

2006年6月19日 (月)

CHEF'S TABLE SAKUMOTO

評価 10

入店日時 平成18年6月16日(金)午後8時頃 過去入店回数 1回

本当は教えたくない秘密の店である。が、最近ネタ切れなのと、もっとお店に繁盛して欲しいので、常連さんには申し訳ないが敢えて載せてしまう。と、いうのも席がカウンター5席しかないのだ。だから2組入るとそれでいっぱいになってしまう。この店はメニューはなくて、席についたら後は全部シェフにお任せとなる。ドリンクのメニューさえない。料理もワインやシャンパンも、全てその日のシェフのチョイスとなるのだ。もちろん多少のわがままはきくのだろうが、わがままを言う必要もなかろう。もっともワインが飲めない人は、この店には絶対行ってはいけない。好き嫌いが多い人は、予約の時に嫌いなものを伝えておけばいいだろう。初めて行った時は少し緊張したが、帰る頃にはシェフと一緒にベロベロになるまで飲んでしまった。ここのシェフの人柄も如才なくてとっても親しみやすい。まず席について、その日のシャンパンがグラスに注がれる。料理もさることながら、このワインのセレクトが最高なのだ。シャンパンを舐めていると、目の前でシェフが料理を作り上げていく。この日の前菜は槍イカとフルーツのサラダだった。ソースが冷たいトマト・バジルソースでとても美味しい。そしてこのシャンパンとの相性も最高だ。ああ、至福のひとときである。ドラピエを2杯開ける頃、またいい香りが漂ってくる。今度は魚をソテーしている。シェフの勧めで今度は白ワインを飲み始める。この白ワインが少しスパイシーでとってもキレがあって美味しい。ほどなく2品目の魚料理がサーブされる。ここのシェフはとっても丁寧に、大事そうに食材を扱っている。それでいてとっても手際がいいのだ。見ててとても楽しい。料理が出来上がる過程が全て見られるのだ。これに勝る演出もないだろう。シェフも手抜きが一切出来ないわけだから、相当に自信がなければこういう店の作りには出来ないはずだ。今日の魚料理は鯛のソテーにオクラのフリットをあしらい、下にマッシュポテトを敷き詰めたものだ。すごく手が込んでいる。ああ美味しい。至福のひとときである。鯛はもちろんだが、ここのマッシュポテトが異常に美味しいのだ。前回は作り方を教わった上に、お土産にこのマッシュポテトを頂いたのだ。この日も頂くことになるのだが。白ワインを2杯空ける頃、今度はシェフが羊の肉を捌き始めた。ヒレの部分だけを切り取っている。それ以外の部位は自家用カレーにするそうだ。ワインは赤に切り替えられる。かなりいい気持ちになった頃、ラムの香ばしく焼ける香りが漂ってきた。3品目のラムのグリル・赤ワインソースの完成だ。や、柔らかい。肉の旨さもさることながら、赤ワインソースも付け合せのフレンチフライも最高だ。ああ美味しい。この後、更にワインを3~4杯飲み、フラフラになりながらもとっても満たされた気持ちで帰途に着いたのだ。そうそう、この店は電話予約が必須である。本ミシュラン初めての10点満点となった記念すべき店だ。

CHEF'S TABLE SAKUMOTO                                    那覇市松山1-10-3                                        098-869-8466 

|

« きしもと食堂 八重岳店 | トップページ | 淡すい »

コメント

先日このブログを頼りにお店に行ってきました!
もちろんこのブログの話にもなりましたよ。
とっても美味しくて楽しいお店でした☆
またお食事しに行っちゃおうと思います!!

投稿: | 2008年5月 2日 (金) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きしもと食堂 八重岳店 | トップページ | 淡すい »