« Trunq | トップページ | 守礼そば »

2006年5月28日 (日)

バッカスの胃袋

評価 7

入店日時 平成18年5月27日13:50分頃 過去入店回数 10回以上

新那覇港を見渡せる海辺のイタリアンレストラン。ここは「くら」などを作っているヘリオス酒造の経営らしい。結構お気に入りで、1人で来ることも度々あったが、この日は久しぶりであった。ここは今の彼女と初めてのデートに来たところだが、後で「初めてのデートでバッカスの胃袋とは少しガッカリした」と言わしめたところである。自分的には慶良間に行く船が行きかい、港内とはいえ、内地の海の色とは明らかに違うブルーな海を見渡せる素敵なレストラン、というイメージだったのだが、彼女に言わせると、海辺といってもTSUTAYA(既に閉店)やJEFと同じ敷地にあって、決して雰囲気のあるロケーションにあるわけではないかららしい。しかしここのピザはとてもクリスピーで美味しい。那覇では一番かも知れない。他の料理もちゃんと地の物を使っていて、眺めだけに頼っていないのが分かる。パスタとかも美味しい。この日食べた「グルクンマチの蒸し・月桃の葉添え」はイマイチだったが、積極的に地の物を取り入れる姿勢は脱帽である。先に出てきたスープも「東風平産無農薬ジャガイモのスープ」だった。美味しい。しかし記憶に残る料理ではない。ここまで求めては酷だが、裏ミシュランに情けはない。やはりここは仕事の途中で立ち寄り、午後への戦略を1人孤独に練りながら黄昏る、風に使うのがいいのかも知れない。ここで食後のコーヒーなどを飲んでいると、ユーミンの「海を見ていた午後」を口ずさんでしまうのは自分だけだろうか。...自分だけだろう。

バッカスの胃袋                                                        那覇市辻3-2-1 エスパーナビル2F                                         098-866-3288

|

« Trunq | トップページ | 守礼そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Trunq | トップページ | 守礼そば »